シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

2016-07-22から1日間の記事一覧

資格

私たちは皆、能力と技術の形成する地界の主である。個人の才能は、粘り強い努力と入念な研究なくして目覚めはしない。激動の歴史と時間の流れ、さらに戦乱と悪意に存続を脅かされたが、今日まで秘伝は受け継がれた。知識は消失を免れたのである。これらは、…

アーチメイジ

―史上最高の呪術師― エルフは、初めに、サエドローン女神じしんから呪術の秘技を授けられた。エルフにおける最高の呪術師たち、アーチメイジの統御された心理は、かれらに超越的な力をもたらす。 [対応する種族]エルフ[対応する素質]メイジ[対応する生…

アーチャー

―風を呼ぶ射手― アーチャーは弓の使用に熟達しているだけでなく、風そのものを矢に呼び込むことができる。呪力を付与された矢はとてつもなく速い速度で飛び、強大な殺傷力をもつ。 [対応する種族]アエルフボーン、アラコイックス、イレケイ、ヴァンパイア…

アーティレリスト

―功城兵器の運用者― 攻城戦に不可欠なアーティレリストは、古くからドワーフに伝わる、工学と化学の諸技術を活用する。攻城兵器によって城壁が受ける損傷は、人力によるものを大きく上まわる。 [対応する種族]アエルフボーン、アラコイックス、イレケイ、…

アニメイター

―生命の付与者― 学習と瞑想に努めることで、アニメイターは作成者の命令に従う自立人形の制作方法を修める。自立人形の材料は死体だけに限らず、石や鉄さえも利用される。 [対応する種族]アエルフボーン、エルフ、シェイド、ドワーフ、ヒト[対応する生業…

アンデッドハンター

―亡者を狩る者― 古の秘伝を受け継ぐ父教会は、危険な任務に当たる人員を長い間養成してきた。アンデッドハンターは不死者の捜索に長けており、自分の身を守る方法にも精通しているが、武器に祝福を与え、悪霊を殺すことさえもできる。 [対応する種族]アエ…

ウェアウルフ

―夜の恐怖― ウェアウルフは、変身者たちの中でも特に恐ろしい容姿を持っており、すべての目撃者を震え上がらせる。彼らは地界が荒廃した原因を、ヒトとエルフの干渉によるものだとみなしており、自分たちは自然の復讐者に定められたと考えている。 [対応す…

ウェアベア

―知恵と力の獣人― ヒトから熊に変身し、森で狩りを行う者たちはウェアベアと呼ばれる。彼らは怪力を持っており、噂によれば、生息地周辺の自然を保護している。 対応する種族]ハーフジャイアント、ヒト[対応する生業]ウォーリアー、ドルイド、バーバリア…

ウェアラット

―暗闇に潜む者― 卑しい魂をもち、財産を貪欲に求める者が、自己の内部に呼びかけたばあい、冷酷かつ利己的なねずみが姿を表す。ウェアラットは、ヒトの姿から巨大なねずみに、もしくは二足歩行のねずみに変身できる。 [対応する種族]シェイド、ヒト[対応…

エンチャンター

―呪力の付与者― ルーン石について研究し、その作成に打ち込んだ呪術師たちは、当初の目的を果たせなかったものの、知識と正確な作業にもとづくことで、物体に呪力を組み込む方法があることを発見した。ソーサラーは、エンチャンターとして物体にシジルという…

グラディエイター

―闘技場の戦士― あらゆる武具を扱えるグラディエイターは、敵の装備を無効化することだけでなく、敵を疲弊させる方法にも長けている。彼らは試合を長びかせ、敵により多くの血を流させることで、観客を楽しませ、より多くの金銭を支出させる。 [対応する種…

クランウォーデン

―鍛冶神に選ばれた者― 清浄なドワーフの高位プリーストたちは、かれらのもつ魂の中に、トゥーリン神の槌が打ち鳴らした音が響いている。トゥーリン神の鍛冶が、太初の地界で、ドワーフを目ざめさせたからである。クランウォーデンが、槌の残響と自分の声をひ…

コマンダー

―戦局を左右する指揮官― 剣ではなく軍隊をもちいる決闘のために、あらゆる時代で、戦略と戦術に長けるコマンダーが生まれた。かれらのもつ技術と直感は、ネイションの運命を決める。 [対応する種族]アエルフボーン、アラコイックス、イレケイ、ヴァンパイ…

ゴルゴイ

―最初の吸血鬼― 十三人衆の一人であるエルフの智者、グホルゴールは、ネクロマンシーを考案した人物である。グホルゴールは、彼女じしんの呪術で死に至ったあと、最初のヴァンパイアとして生まれ変わった。この奸物が発明した、ブラッドクラフトにおける上位…

コンジュラー

―悪魔を従える者― 時間の始まりよりも古い時代に、不滅帝国のエルフたちは、マエラールコールという名前の恐ろしい技法を完成させていた。それは私たちの言葉でコンジュレーションを意味しており、当時の呪術師たちが外界に自分の意志を飛ばし、混沌界の住人…

サッパー

―石造建築を壊す工兵― 作られたものは壊れるものである。この真理にもっとも精通しているのは、ドワーフの技術を学んだサッパーである。かれらは掘削と化学を応用して、城壁の脆弱な部分に潜入経路を作れるが、毒性をもつ煙の製作もおこなえる。 [対応する…

サヴァント

鳥鬼帝国の謎めいた心理学者、サヴァントは自分の精神を恐ろしい武器として使う。しかし、彼らの思念は味方の治癒と援護にも役立つ。 [対応する種族]アラコイックス[対応する生業]アサシン、ウォーロック、ハントレス、プリースト、レンジャー

サボテュア

―兵器の解体者― サボテュアは戦争で利用される、シージスパイアからトレブシェットにまでおよぶ、あらゆる兵器の機能を無効化できる。サボテュアの技術により、自軍を敵の拠点に進軍させられるようになる。しかも、かれらは潜入の達人であるため、敵の拠点を…

サモナー

―精霊を召還する者― 生類および精霊の真名を学ぶことで、サモナーはそれらの本体を呼び出せるようになる。召還された対象はサモナーに攻撃するため、制御には特殊な歌と技術が必要になる。 [対応する種族]アエルフボーン、アラコイックス、イレケイ、エル…

サンクティファイア

―聖別された者― 僧侶の中には、祭儀でシティの防衛を担う者たちがいる。サンクティファイアは、恩恵の力で建造物の修復と防護を行い、さらに、再生した味方にまとわりつく死の冷気を取りのぞく。 [対応する種族]アエルフボーン、アラコイックス、イレケイ…

サンダンサー

―イレケイの神秘格闘家― 温帯の住人たちに神秘格闘家と呼ばれる者たち、サンダンサーは謎めいた存在であり、イレケイの中でも特に恐れられている。達人の言葉によれば、武器を捨てて肉体と霊魂だけに依拠し、ドラゴンとの合一を図ること以外には、武の極致に…

シュラウドボーン

―死に仕える者― 死と虚無界を信奉する集団、骸布会はあらゆる土地に恐怖をまき散らした。蒼白の顔を持つ彼らの精鋭はシュラウドボーンと呼ばれており、原理の冷気を吹き込む技能をもって生物の命を奪う。 [対応する種族]シェイド[対応する素質]メイジ[…

ジャイアントキラー

―ドワーフの勇者― ジャイアントキラーは槌か斧の扱い方を極めており、ジャイアントとの戦いではさまざまな戦法を利用する。ドワーフの背丈はどの種族よりも小さいが、神秘戦役において、彼らは自分よりも大きな相手を打ち負かせられることを証明した。< [対…

スカイダンサー

鳥鬼軍団における選りすぐりの兵士たち、スカイダンサーは疲労することなく羽ばたき続け、飛行しながら戦うことを得意としている。 [対応する種族]アラコイックス[対応する生業]ウォーリアー、ウォーロック、シーフ、 スカウト、バード、バーバリアン

ストームロード

―雷を呼ぶ者― ストームロードは天上から暴風を下ろし、さらに雷を落とすことで敵を制圧する。バーバリアンの最高位とされるストームロードは、北方民族の社会で常に重要な地位を獲得する。 [対応する種族]アエルフボーン、アラコイクス、ケンタウロス、ハ…

ストリゴイ

―死肉を食らう者― 猛獣ともよばれる凶暴なヴァンパイアたちは、もともとはアエルフボーンだった、ストラエグリンドの習わしに従っている。混血からなる種族の性質として、血液がもっていた熱は、ストラエグリンドを殺人と食人に駆りたてた。この第三吸血鬼は…

スラル

―不滅帝国の前衛― 不滅帝国が作りあげた種族、ミノタウロスは、帝国の鎖に繋がれながら奉仕する。かれらのなかで、特に強い者たちはスラルと呼ばれ、怪力と激しい気性をもって、戦場の前衛として忠誠を尽くす。 [対応する種族]ミノタウロス[対応する生業…

ダークスウォーン

―混沌の家来― かつてアエリンスに現れ、その後立ち去った魔神たちは、時間が動き出したときから、不浄の意思を地界に注ぎ続けてきた。混沌招集の呼び声が外界を経由すると、睡眠していた者の夢に届くことがまれにあった。混沌の影響を受けた者はすべて狂気に…

ダークナイト

―暗黒時代の継承者― ダークナイトの主張によると、カンブリュワンの死と同時に道徳論は価値を喪失したため、現代において権力を裏づけるものは軍事力をおいて他にない。天変地異が起きた後、多くの優れたダークナイトが大侯として名をはせ、生き延びた人々を…

トラヴェラー

―世界を越える旅人― ルーン門がいつから存在していたのかは、エルフでさえも特定できておらず、誰が何の目的で建造し、なぜ放棄されたのかについても、決定的な説はまだ出ていない。しかし、トラベラーは新たに発見された技能を利用することにより、ルーン門…