シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

事典

タラマール〔剣客〕

タラマールは、ドラゴンに対峙しながらも生存できた、数少ないエルフの一人である。彼は、こんにちのエルフたちも修練を積む、剣舞術の開祖として崇敬されている。並ぶ者のいない剣士、タラマールは、災禍戦役の途中で行方不明になった。多くの人びとが彼の…

セルルナン〔史家〕

セルルナンは最初の編纂者であり、アエアインス図書館を運営した。全父をのぞけば、歴史と伝承に関して、彼ほど博識な者はいない。残念ながら、セルルナンは悲涙戦役で死亡し、彼のもつ知恵は永遠に失われた。

ラセリオン〔幹事〕

エルフの古い歌によると、ラセリオンはぶどう酒を発明し、女神のウォリアンドラから、音楽を学んだ。これらの理由により、彼は崇敬の対象とされている。もっとも敬愛されたシーからの贈り物は、非情な歴史によって形見となり、エルフたちは、今も彼の死を悲…

リルリアンドラ〔麗人〕

愛と美の半神半人、 リルリアンドラは、地界でもっとも美しい生物である。伝承によると、リルリアンドラの美貌は、ドワーフたちのもつ石の心さえ乱した。彼女を見た者たちの大半が、感激の涙を流すことになる。

ギルリアンドール〔国王〕

最年長でもっとも聡明なシー、ギルリアンドールは、エルフにおける最初の王である。ドラゴンが目覚めたときの、白夜王国を崩壊させた大地震により、ギルリアンドールは死亡した。

ギルレスティン〔弓兵〕

タカの目に恵まれたギルレスティンは、ケーナリュン神から、弓術を学んだといわれている。災禍戦役のあいだ、ギルレスティンは長く激しい戦いを行い、その後、彼は世俗から離れた。噂によれば、天変地異がおきたあと、ギルレスティンは復帰し、報復を行おう…

デアニルラ〔星織〕

芸術と装身具の守護神、デアニルラは、ギルリアンドール王の王冠を制作した。さらに、彼女が宝石の網を空へ投げて、星ぼしを作ったともいわれている。白夜時代にドラゴンが出現し、夫であるコルリナンドールを亡くしたことで、デアニルラは狼狽した。彼女は…

コルリナンドール〔船頭〕

コルリナンドールは、エルフのなかで、最高の船大工および船長として知られている。彼は呪術的な船、白船を空へ出発させて、太陽の炎を消す冒険に出たが、戻ってこなかった。緑色の肌をもつエルフたち、グワリドルン人は、コルリナンドールを最高の崇敬対象…

シー

もっとも聡明で美しい生物、シーは、最初に生まれたエルフたちであり、神がみから呪術と技術を学んだ。激動の歴史によって、シーという花ばなは摘みとられたが、生き残れた人数は多い。こんにちの彼らは、同族の再興を助ける者と、戦争と暴力に巻き込まれな…

無名人祖

このティーターンには妻がいなかったため、彼だけが自分の国をもたなかった。謎めいていて聡明な無名人祖は、ヒトのなかで最高のウィザードといわれている。彼の呪力は、もっとも強大なエルフにさえ匹敵する。 アルダン国が滅亡したあと、無名人祖はいなくな…

ウェンドル〔農夫〕

農学を熟知しているウェンドルは、多くのヒトが、収穫の時期に、祈りを捧げる対象である。疲れを知らず、ヒトのために、熱心に働いてきたウェンドルは、災禍戦役の初期に命を落とした。

ヴィレンナ〔才媛〕

アルノムソの美しい妻、ヴィレンナは、ヒトの祖先に芸術と音楽を教えた。ヴィレンナは、隷属時代の虜囚生活を生き延び、災禍戦役のあとは、全父の避難所へ行った。

トルヴァルデ〔豪傑〕

北方人の父、トルヴァルデは、武勇と名誉を何よりも重んじる、屈強な戦士である。トルヴァルデはエルフとジャイアントに対して、長いあいだ戦いを行った。そのうえ、彼は破壊神モーロックとさえも、死闘を演じた。 酒盛りを好むトルヴァルデは、今も厳寒の土…

ラシャヴァ〔恐妻〕

怒りと海上の嵐を司るラシャヴァは、トルヴァルデの妻であるが、この二人は、非常に長いあいだ口をきいていない。憤慨して、災害をおこしがちなラシャヴァは、深海に住んでいる。ラシャヴァをなだめるために、すべての船乗りが、彼女に供え物を捧げる。

カテレリン〔賢母〕

家庭と炉を司るカテレリンは、今も人の子に賛美されている。災禍戦役のあと、カテレリンはアエアインスを去り、全父の避難所で暮らし始めた。

ヘヴラリス〔牧女〕

すべての動物に愛されたヘヴラリスは、ブライアラ女神と同じように、古代のドルイドに祈りの対象とされた。ヘヴラリスはアルダン国のヒトに、馬と家畜の手なづけかたを教えた。昼中時代に、ヘヴラリスは怪獣グラロクールに殺害された。

ゴロム〔猟師〕

ゴロムは疲れ知らずの狩人であり、ケーナリュン神の仲間でもある。彼はアルダン王の国で、人びとの保護と食料の供給を行い、そのような仕事の中心人物を務めた。ゴロムは災禍戦役で最前線に立ち、アエアインスを守るために、自分の命を捨てた。

ゴルゲリム〔工匠〕

ドワーフのフォージマスターから、鍛冶を教わったゴルゲリムは、工業と発明を司るティーターンである。ヒトの職人の大半が、仕事の始めに、ゴルゲリムの名前を唱え、成功を祈る。災禍戦役のあいだ、ゴルゲリムは多くの強力な武器を作った。のちに、彼は全父…

ギラヤ〔尼僧〕

美しい声をもち、香油と医療の知識に精通するギラヤは、ヒトの歴史において、最高のヒーラーと呼ばれている。ギラヤはゴルゲリムの妻だったが、災禍戦役で命を落とした。

コルウィンネ〔産婆〕

コルウィンネは繁殖と分べんを司る。彼女は、神聖教会の祈とう文と典礼に、今も名前が残されている、数少ないティーターンの一人である。災禍戦役で生き残ったコルウィンネは、他のティーターンたちとともに、全父の避難所で暮らしている。

アルノムソ〔悪漢〕

シーフと賭博人ならびに、無法者の守護神であるアルノムソは、いたずら好きであり、最上位の酔っぱらいでもある。この悪漢は災禍戦役を生き延びたが、天変地異がおきてからは、一度も目撃されていない。

アルダン〔光輝王〕

アルダンは最初に作られたティーターンであり、初めて作られたヒトの王国は、彼から名前をとった。思慮ぶかく公正なアルダンの統治は、エルフが悪疫呪詛を放ち、楽園を滅ぼすときまでつづいた。自分の命を捨てて国民を守ったアルダンは、その後、全父によっ…

ティーターン

全父は、昼中時代に十三人のヒトを形作り、彼ら強大な半神半人たちは、ティーターンと呼ばれている。かつてはヒトのあいだで、ティーターンたちが広く崇拝されていた。しかし、数世紀ほどまえに、全父に仕える僧侶たちによって、ティーターンたちへの信仰は…

半神半人

世界人類の全員が、正統神たちの後継者である。その一方で、神がみから直接に生まれ、普通の人びとよりもはるかに長い寿命と、強大な力に恵まれた者たちがいる。神がみの意志から生まれた彼らは、神群のまぎれもない一員か、あるいは可死的な一員である。 各…

ハリークルイストゥ〔太陽女神〕

炎と闘争ならびに、不和の主人でもあるハリークルイストゥ女神は、気まぐれであり悪意をもっている。そのため、アエアインスで、この女神を崇敬する人びとは少ない。彼女は、信奉者たちと彼らの敵に対し、激しい炎を放つ存在でもある。イレケイのあいだでは…

サエロッソール〔鷹神〕

猛きん類とグリフォンの親であり、こんにちでも、エルフはこの強力な獣主を崇敬している。

ヨルドマンゴンディア〔蛇神〕

蛇の主ことヨルドマンゴンディアは、獣主たちのなかでもっとも賢い。ルーンキャスターの伝承によると、全父はヨルドマンゴンディアを探して、北方の凍土まで長い旅をした。そして、大きなトリネコ樹のふもとで蛇の主をみつけ、生滅の知識を手にいれた。

狼の主

疑う余地なく、この獣主はもっとも鋭敏な感覚をもっており、他の獣主すべてと敵対している。狼の主は獣主成敗で全父に負けたため、ヒトと彼らの被造物を強く憎んでいる。

ヴァシュティーラ〔豹神〕

優れた狩人であるこの雌ヒョウは、女人族から、もっとも重要な神として崇敬を受けている。

グハルロン〔熊神〕

熊の主は、乱暴な性格と高い知性で知られており、自然界と文明のあいだで、均衡のとれた位置に立とうと努力している。ドルイドとレンジャーは、ときおり熊の主からの祝福を帯びる。