シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

出会う人びと

分別の隠者こと背信者

こんな場所に何の用だ。王冠を探しているのか。ならば帰られよ。あなたに渡せるものは、何も持っていないからな。そもそも王冠に意味などない。そんなものが王を定めはしないからな。神がみだけが王を定める。あなたは支配権を求めているのか。もしそうなら…

幸運の隠者こと諫言者

いったい何の用だ。旅人よ、行楽にでも来たのか。それとも、荒れ果てた島に来たのは報復のためか。財産を得るためか。権力を得るためか。どうやら、高い目的があるようだな。支配者になりたいのか。地方の掌握を望むならば、おれの説明を聞かなければならな…

威力の隠者こと冒涜者

控えおろう。余を誰と心得る。生者が死者の土地に何用か。死を探しているなら、ここにある。冥后が勝利を収め、すべてが闇に飲まれるのを待つまでもない。そちが富と名声を求めているとしても、余は何も与えられぬ。支配のために威力を求めているのか。そう…

隠者ファラモン

迷える魂よ、安穏の土地によくぞ参られた。ここであなたは休息をとり、戦いに備え、兵士を集められるだろう。あなたは今、聖なる場所に立っているのであり、天使たちじしんが、ここに血が流れないことを定めたのだ。休憩か物資の補充が目的ならば、わたしの…

サンプリーストの僧侶コルドン

ヌアサ神が信仰を試す、過酷な太陽の土地に、よくぞ参られた。私の僧服を知っているだろうか。私はベルグの選抜僧侶こと、ベルグヌアサルのサンプリーストである。私たちの信仰が生まれた時期は、初めて、地界が混沌の侵略を受けたときよりも古い。 周りを見…