読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

種族

―遊び手の分身― シャドウベインの舞台は群雄割拠の様相を呈した。ここに住む者たちは生き残る方法を見つけなければいけない。臣従は無難な選択と言えるが、自分の能力を高めて勢力を立ち上げるのも良いだろう。偉大な王たちが覇権を握り、新しい伝説が生まれ…

アエルフボ-ン

―混血児、狭間の子供たち― エルフとヒトの血を引く者たち、アエルフボーンは親となる両方の種族に恐れられ、疎まれている。アエルフボーンは感情の起伏が激しいことで知られており、彼らはしばしば血液の調和が乱れ、情緒不安定や錯乱状態に陥る。近年まで、…

アラコイクス

―有翼者、風の申し子たち― 天変地異が起きた後、未知の生物が相次いで発見されたが、その中でも特に特筆すべき存在として、人がアラコイクスと名づけた二足歩行型の生物がいる。初めてアラコイクスが目撃されたとき、彼らはエルフが人と鷹を混ぜて創り上げた…

イレケイ

―追放者、砂漠の羅刹― 砂漠に居住し、旅人を襲う赤い肌のならず者たち、羅刹ことイレケイについて詳しく知るものは少ない。伝承によると、イレケイの起源は灼熱砂漠に追放された高貴なエルフであると言われおり、その原因は彼らの凶暴性と好戦的な性格による…

エルフ

―先住民こと往年の支配者たち― 昔日の地界に君臨していたエルフは、帝国の滅亡で散り散りになり、彼らの人数は激減した。傲慢かつ退廃的で、残忍なエルフは最も呪術に長けた種族である。しかし彼らには規律と統制が不足しているため、人の子を再び奴隷にし、…

ケンタウロス

―強襲者、平原を治める者たち― 高潔かつ勇猛な戦士たち、ケンタウロスは地界における最古の住人であり、彼らの王国はいまなお平原に広大な版図を有する。ケンタウロスの瞳には一人の例外なく気品と誉れが輝いている。大王の提唱した騎士道と美徳論は、ケンタ…

シェイド

―蒼白児、闇より生まれし者たち― 浄むる火の教会に冒とく的な存在として排斥される者たち、シェイドは謎めいており、ヒトの領域全土で恐れられている。見るからにシェイドの形質は不吉なものに歪まされ、霊魂を毒されているが、彼らの正確な性質については判…

ドワーフ

―石人、鍛冶神の子供たち― 石から生まれ、石人と呼ばれる者たち、ドワーフは地界における他の種族とは異なり、年を重ねることはなく、子供を儲けることもない。伝承によれば、最初のドワーフは出産により生まれたのではなく、全父と親密な同胞神、鍛冶神トゥ…

ネフィリム

―病魔、混沌の使者― 争闘時代の始まりから百年が経ち、謎に包まれた種族がアエアインスに現れた。この種族は病魔とあだ名されてきたが、今では彼ら自身の間で用いられる呼称、ネフィリムが本来の名前として知られている。全土で激化する闘争に終わりの兆しは…

ハーフジャイアント

―豪傑、軍事組織の要― 巨体を誇る者たち、ハーフジャイアントの名称は彼らの体型を適切には表しておらず、実際の身長は標準的なヒトより五割高い程度である。ハーフジャイアントはヒトの両親から生まれるが、彼らが大柄な体格に恵まれる要因はジャイアントの…

バンパイア

―夜叉、虚無界の幹部たち― 虚無界の住人たちと契約を結び、原理の研究にはげむネクロマンサーの中には、理解をさらに深めようとする者たちがいる。彼らはアエアインスにおける神々との繋がりを絶ち、自分自身の肉体と霊魂を虚無界に捧げる。 闇の儀式は施行…

ヒト

―人の子こと全父の後継者たち― 全父が創り上げた種族、ヒトは自分たちを全父の嫡子と称し、地界の正当な支配者だと主張している。長い歴史を通じてヒトの子は、敵に打ち勝つ方法以外はほとんど何も学ばなかった。ヒトは地界の子供たちのなかで最も多様な種族…

ミノタウロス 

―怪獣、北方の恐怖― 呪術により生まれ、兵士として育てられた半獣の種族、ミノタウロスの怪力と凶暴性は他に並ぶものがいない。ミノタウロスの始祖は北方で作られ、長い間不滅帝国の突撃部隊を構成していたが、後に主人であるエルフの手から逃れ、独自の勢力…