シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

種族の文化

アルフボーンの文化(Aelfborn: Their Ways)

アルフボーンは、正式には種族と呼べない。地界において知られている限りでは、かれらが独自の文化をもつことはなかった。生殖能力の欠如は、アルフボーンの国家および王国が、成立しないことを示してきた。エルフおよび人の子から向けられる敵意は、アルフ…

アラコイックスの文化(Aracoix: Their Ways)

アラコイックスの関心を占める二つの要素は、彼らがもつ文化の柱でもある。したがって、これらの理解が、有翼者を知ることに欠かせない。 第一に、アラコイックスは、自分たちと異なる文明の人びとを信用しない。はぐれたアラコイックスたちからの情報による…

シェイドの文化(Shades: Their Ways)

シェイドは、彼らの両親である、ヒトの習俗に従っているため、独自の文化を発達させていない。一世紀におよぶ迫害にもかかわらず、シェイドは、今も人の子のあいだで暮らしている。シェイドには、特有の習俗がほとんど存在しないが、彼らの出現は、ヒトの文…

ドワーフの文化(Dwarves: Their Ways)

ドワーフは他の世界人類にはない、単一性を享受してきた。山中の通路か地底に住む、ドワーフの諸集団は、良匠たちにより治められている。歴史をとおして、彼らの国家どうしが戦うことはなかった。小人共同体どうしが対立する原因は、工業製品の企画会議と、…

ケンタウロスの文化(Centaurs: Their Ways)

現代の悲惨な日びにおいてさえも、ケンタウロスたちは寄り集まり、明るく笑う。ケンタウロスは、あまりにも立派な人びとである。不当な攻撃を受けない限り、彼らは、地界に住むどの種族よりも寛容で、信頼の置ける存在といえる。 ケンタウロスは、友情に対す…

イレケイの文化(Irekei: Their Ways)

「火と太陽のごとく燃えざらば生きたらず」。この古いことわざは、イレケイの文化と思想をよく表している。荒地での生活は困難の連続であるため、略奪を行いながら、移動生活を送る者たちだけが、生存を可能とする。強者は弱者を餌食とするので、弱者たちは…