シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

過去のつぶやき

2017年

1月1日:
私は、シャドウベインの背景世界がとても好きなので、全訳を目標としています。十分に翻訳が終わったあとは、私の保管してある情報から、裏設定や没設定を掲載するつもりです。さらに、私自身が行った分析や考察について、執筆する予定です。

3月15日:
私事ですが、私が最初につくったキャラはアエルフボーンのシーフで、最初に翻訳に挑戦したのも、アエルボーンの物語でした。翻訳はやりなおしますが、思い入れのあるものなので、がんばります。

3月27日:
現在、古い記事と新しい記事で、固有名詞のカナ表記に違いがあります。修正するまでは、掲載日時が新しい記事のほうを、正しいものとしてお読みください。

5月3日:残念ながら、ネフィリムとヴァンパイアの物語は公開されなかったので、翻訳ができません...。物語の翻訳がすべて終わったあとは、新しい段階に移ります。

6月15日:
  Mike Rayhawkさんの描いた、すばらしいファンアートを紹介 http://www.mikerayhawk.com/shadowbane.htm

 当時の公式フォーラムでは、背信者の正体をめぐって盛んに議論が行われました。物語において、特に人気のあった部分といえるでしょう。アエルフボーンのギルドが、「セスヘリンに自由を!」を標語にして、火教会と争ったのを見ましたし、懐かしいです。
 背信者の正体については、原文を保存していなくて申し訳ないのですが、作者のメリディアン氏はこのようなことを言っていました。 「彼の腰にさげられている武器を見てみなさい。それが答えだ」 彼の正体がわかると、幸運の隠者が誰だったのかも、おのずとわかると、わたしは思います。

広告を非表示にする