シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ベルグヌアサルの装備品(Bellugh Nuathal Equipment)

ベルグヌアサル教団の概要》

 

 隷属期においては、すべてのヒトが、不滅帝国の抑圧下で苦しめられていた。脱走したヒトたちに対して、全父への信仰を示し、アルダン国の忘れられた歴史を伝えたのは、ケンタウロスたちであった。このようにして、人の子たちは盗まれていた運命を取り戻し、ふたたび統合された。
 しかし、ヒトのあいだでは、新しい信仰を受容しない者たちがいた。これらのヒトたちは、アルダン王を救わなかった全父を恨み、ティーターンたちへの従属も止めた。主人たちの愚かさが、昔のヒトたちを破滅させたと考えたからである。これらのヒトたちは、兵馬たちの助言を拒絶し、新しく崇めるべき諸神を探しに行った。

 

 預言者であるベルグに導かれて、逸脱者たちは、大地と大気および海と火の、諸元素を信仰するようになった。ベルグたちの教団において、火は、諸元素のあいだで、もっとも高い地位に位置づけられた。創造および破壊の行為者とみなされ、あらゆる生物における、根源および結末の原因と考えられたのである。何人かの歴史学者たちには、事実と認めた説がある。それは、ベルグの教義における一部が、チャネリング術に大きな影響を与えたが、忘れられたというものである。
 ベルグに追従する者たちは、宇宙における至高の力を認め、ヌアス仏と名づけた太陽を崇拝した。一部の人びとは、ハリークルイストゥ逸脱女神が、ベルグの教団と結託したと疑った。さらに、教団が生贄の儀式をおこなうという噂が流れ、父教会は、かれらを邪教徒と呼んで非難した。
 宗教的な軍事運動と審問によって、ベルグによる太陽仏ヌアスの教団こと、ベルグヌアサルは隠れざるをえなくなった。ベルグたちは、グウェンダネン人たちの土地でかれらと共生し、この高地人たちは、崇拝の対象にヌアス仏を加えた。しかし、数世紀が過ぎたころには、グウェンダネン人たちのあいだでさえ、ベルグ邪教は忘れられた。

 

 最近では、ベルグアヌアサルが改革されたとか、あるいは、隠れ家から姿を現したという噂が流れている。太陽仏の豪華な法衣を着た僧侶たちは、砂漠と沼地を放浪しているようだ。かれらの目的は、火および混沌を元として生まれた、怪物たちを集めることだといわれている。一部の人びとは、ベルグアヌアサルの暗躍を、再生女神の手によるものと考える。火教会は、この邪教徒たちを迅速に捕縛し始めた。

 

※ヒーラー専用の装備品です。

 

用語一覧

 

《あ》:アルダン王(Ardan)、アルダン国(Ardan)
《う》:宇宙(Universe)、運命(Destiny)

 

《か》:神(God)
《く》:グウェンダネン人(Gwendannen)
《け》:元素(Element)、ケンタウロス(Centaur)
《こ》:高地人(Hillman)、混沌(Chaos)

 

《さ》:再生女神(Phoenix
《せ》:全父(All-Father)

 

《た》:太陽仏(Sun God)、太陽(Sun)
《ち》:父教会(Church of the All-Father)、チャネリング術(Art of Channeling)
《て》:ティーターン(Titan)

 

《ぬ》:ヌアス〔太陽仏〕(Nuath the Sun)

 

《は》:ハリークルイストゥ(Khalikryst)
《ひ》:火(Fire)、ヒーラー(Healer)、火教会(Temple of the Flame)、ヒト(Humanity)、人の子(Son of Men)
《ふ》:不滅帝国(Deathless Empire
《へ》:兵馬(Horse Lord)、ベルグ(Bellugh)、ベルグヌアサル(Bellugh Nuathal)、ベルグヌアサル教団(Cult of Bellugh Nuathal)

 

《れ》:隷属期(Years of Sorrow)、歴史学者(Scholar)