読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

怪物図録

怪物図録

 本書は、イストルリアス・マウグリルリオンの断片を集成したものである。この名前は、古いエルフ語で「変種の書」を意味しており、原本はアエアインス大図書館が略奪され、火災に遭ったときに焼失した。かつてこの書籍は、列王時代において悲涙戦役が始まるよりも前に、一冊の分厚い図鑑として編纂され、地界における動物と怪物の研究成果を反映した集大成であった。文献は散逸を免れなかったが、現存する資料は今なお高い価値を持つ。以下は原著の序文である。

 

 「偉大なる伝承学者ベランド・トバールの取った最初の弟子にして、同氏が信任を置く私にとり、地界における全生物あるいは霊的存在についての情報を、矮小と巨大を問わず幅広く執筆することは、名誉ある責務といえる。
 私ヘライヌアは三十年の歳月を怪物の調査に費やし、ときには鬱蒼と木々の生い茂る森に赴き、またあるときは、死人と幽霊の徘徊する土地にさえも足を踏み入れた。長い調査旅行のさなか、私は生物の毛と鱗など、体の一部分を数多く収集し、様態を辛抱強く調べ上げ、会話能力を持つ怪物がいれば、彼らの言語を会得した。
 ここに長年にわたるマウグリム※研究の成果を記す。全父ことパンダーリオンの子供たちに嫌悪され、同時に恐怖の対象となる怪物の中には、知恵を持つ生物がいる一方で、醜い外見の通りに理性を欠き、部族を構成する怪物もいるが、総じて彼らの社会は程度が低く、私たちの高等文明と比較した場合、嘲笑に値するといえよう。とはいえ、彼らには一様に凶暴性が認められるため、不用意な接触は避けるべきである。

 

 本書が、私の敬愛する恩師の行う呪術的召喚の一助となり、慎ましやかな貢献が偉大なる不滅帝国の勢威を多少なりとも高め、同帝国が収集し、保管する膨大な情報のひとつに加わることを願う。」

 

 ※マウグリム=人の子の言葉では怪物を意味する。

 

 地界には様々な生物が生息している:
ケイブベア
バジリスク
フレイムビートル


固有名詞一覧

 

《あ》:アエアインス大図書館(Library of Aerynth)
《い》:イストルリアス・マウグリルリオン(Istolliath Maugrillion)
《え》:エルフ語(Elvish)

 

《こ》: 高等文明(High Civilization

 

《せ》:全父(All-Father)

 

《ち》:地界(World)

 

《ま》:マウグリム(Maugrim)

 

《は》:パンダーリオン(Pandarrion)
《ひ》:人の子(Sons of Men)、悲涙戦役(War of Tears)
《ふ》:不滅帝国(Eternal Empire)
《へ》:ヘライヌア(Helainur)、ベランド・トバール(Veland Tvar)、変種の書(Book of Abberations)

 

《れ》:列王時代(Age of Kings