読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ブレイドドレイク

怪物図録

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160825005408j:plain

 竜類の中でも最大級の体格と破壊力を持つこのドレイクは、手足から金属の爪が飛び出ていることが大きな特徴である。トラナリアンス※よりも長く、二倍鋭い金属の爪を持つことにより、彼らはブレイドドレイクという名称で分類される。
 ブレイドドレイクは沼地の最深部に生息しており、厚みのある鱗はくすんだ緑色の藻に覆われている。本来ブレイドドレイクは一様に高慢かつ攻撃的で、規格外の恐ろしさを誇るが、彼らは数十年から数百年もの間ねぐらで寝る習性があり、自分の排泄物に埋もれている。しかし、眠りから覚めたときはとてつもない勢いで暴れ回り、手当たり次第に生物を貪り食らう。巨大な胃袋が膨れると、ブレイドドレイクは自分の不潔な巣穴に戻り、再び眠りにつく。
 沼地の奥で暮らすリザードマンは、ブレイドドレイクを神の類とみなしており、しばしば生物の死体を、生贄としてドレイクのねぐらの沼に投げ込む。とはいえ、リザードマンが供物の見返りを受けているかは不明であり、ドレイクはうんざりしているかもしれない。嵐のように激しいブレイドドレイクは、彼らの名前が示す通りに、戦いでは爪で敵を引き裂くが、噛みつきと尻尾の振り回しも強力な兵器といえる。そのうえこのボグドレイクは、毒性を含む息を吐き出すことができ、触れたものを腐食させる。ブレイドドレイクの息と沼地を漂う空気の違いとして、前者には可燃性があることが挙げられる。劣勢に立たされたとき、ブレイドドレイクは爪で火花を発生させ、息に着火することにより、爆発をともなう燃焼を起こし、敵を炎上させる。

 

 ※トラナリアンス:ブレイドウィーバーの携行する長い曲刀を意味する。

 

生息地:沼沢地
生態:警戒心が強く、群を作らない
危険性:非常に高い

 

固有名詞一覧

 

《か》:神(Gods)

 

《と》:トラナリアンス(T'lanarians)、ドレイク(Drakes)

 

《ふ》:ブレイドドレイク(Blade Drakes)、ブレイドウィーバー(Blade Weavers)
《ほ》:ボグドレイク(Bog Drakes)

 

《り》:リザードマン(Lizard Men)、竜類(Dragonspawn)