シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

スワンプハグ

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160825005538j:plain

 南方に位置し、熱気が漂う沼沢地には様々な怪物が生息しているが、その中で、スワンプハグは最も気味の悪い存在といえる。離れ小屋に住みながら、この醜く太った女性は集めた材料を蒸留し、薬品の制作に励んでいるが、ときには邪悪な儀式も行っている。スワンプハグには、ヒトとエルフの肉を好んで摂食する習性があり、彼女たちは呪術で獲物を欺き、巧妙な罠にかける。
 一説によるとスワンプハグは、時間が始動してまもなく南方の熱帯雨林に住み着いた、フューリーの団体を起源としている。古いフューリーの中には、天候の操作よりも肉体の歪曲と破壊に興味を持ち、夜の母ことサイドロンに秘儀を乞う者たちがいたのかもしれない。狂気に満ちた女神の声を聞き、知られざる呪術を習得したスワンプハグは興味深い存在といえる。しかし、そのような女呪術師たちから教えを受けようとする者は、知識に代償がともなうことを覚悟し、自分の身を守らなければいけない。

 

生息地:沼地
生態:攻撃的で群を作らない
危険性:非常に高い

 

固有名詞一覧

 

《え》:エルフ(Elves)

 

《さ》:サイドロン(Saedron)
《し》:時間(Time)
《す》:スワンプハグ(Swamp Hags)

 

《な》:南方(South)
《ね》:熱帯雨林(Jungles)

 

《ひ》:ヒト(Humans)
《ふ》:フューリー(Furies)

 

《め》:女神(Goddesses)

 

《よ》:夜の母(Mother of Night)