読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

クルセイダー

生業

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160706191056j:plain

―父教会の僧兵―

 

 創造者であるとともに戦士でもあった全父と同じ様に、全なる父の教会は大勢の信者を保護する軍事組織としての一面を持つ。恐れを知らない神聖な戦士たち、クルセイダーの大規模な軍隊は外敵に対して父教会の防衛を担う。
 かつて災禍戦役が始まり、混沌軍団が地界の存続を脅かしたとき、教皇アデルモは聖戦を呼びかけ、武器を取る者すべてに全父の祝福を授けた。この日以来、クルセイダーは清浄を表す白の外衣を着用する。盾などの装飾に用いられる青は、大空を思わせる全父の力強さを象徴している。

 

 聖戦招集があればクルセイダーは遠征に赴くが、彼らの出自は厳格な信仰の生活を送る僧侶だけに限らない。全父への信仰に目覚めた戦士にとどまらず、悔い改めたならずものもクルセイダーになるためである。生え抜きのクルセイダーは聖堂の警備を離れ、教皇直属の兵士として父教会の中枢を防護する。
 天変地異が起きて全父の御声が途絶えた後、聖戦士たちには新しい任務が課された。精鋭のクルセイダーたちは地界を放浪し、全父の情報を収集するかたわら、貧者と病人の救済も行う。クルセイダーは僧侶であるプリレイトとともに祈祷文を読むため、父教会は彼らにも僧位を与える。

 

 誓約の際にクルセイダーは過去の罪を許され、父教会は彼らの献身に報酬を約束する。罪をあがなわれたクルセイダーの信仰心が揺らぐことはなく、彼らは死と苦痛、さらに失敗を恐れない。妖術でさえもクルセイダーの士気をくじくことはできず、父教会の軍団は諸小国を荒らす悪人たちを震え上がらせている。クルセイダーは聖人と天使の加護を受けており、治療と防護、さらに堅忍の奇跡を起こすことができる。
 二つの時代において、クルセイダーは混沌界と虚無界の二大勢力と激しく戦い、その任務は今も続いている。クルセイダーは主に敬虔な信者たちと全なる父の教会の守護を務めているが、彼らをひとたび激怒させると悪になすすべはない。

 

[対応する種族]
アエルフボーンエルフケンタウロスドワーフハーフジャイアントヒト
[対応する素質]
ヒーラーファイター
[対応する資格]
アーティレリストアンデッドハンターコマンダーサッパーサンクティフィアジャイアントキラーダークスウォーントラベラーナイトバウンティハンターハンツマンフォージマスターブレイドウィーバーブレイドマスタープロスペクタールーンキャスターワイアームスレイヤー

固有名詞一覧

 

《あ》:アデルモ〔教皇〕(Saint Adelmo the Patriarch)

 

《き》:教皇(Patriarch)、虚無界(Darkness)
《く》:クルセイダー(Crusaders)
《こ》:混沌界(Chaos)、混沌軍団(Hordes of Chaos)

 

《さ》: 災禍戦役(War of the Scourge)
《し》:諸小国(Petty Kingdoms)
《せ》:聖人(Saints)、聖戦士(Soldiers of Grace)、聖戦招集(Call)、全父(All-Father)、全なる父の教会(Church of the All-Father)

 

《ち》:地界(World)、父教会(Church)
《て》:天使(Archons)、天変地異(Turning)

 

《ふ》:プリレイト(Prelates)