読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ドルイド

生業

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160706191126j:plain

―調和の管理者―

 

 必ずしもすべてのヒーラーとプリーストが全父を信仰するわけではなく、地界には別の神格を祭る僧侶たちもいる。最も古く、謎に満ちたドルイドの教団は、地母神ブライアラと原初の獣霊を崇拝している。深い森の奥にあり、人の目につかない環状列石の遺跡がドルイドの祭場となる。
 ドルイドの起源は古く、その教義はエルフが太初白夜を賛美していた頃に生まれたが、今も彼らの権威は衰えていない。ドルイドは地界とあらゆる生物の隠された繋がりを利用し、信仰の力で地界と一体になる。植物と動物、さらに天候がドルイドに恩恵をもたらす。ドルイドは治療と動物への変身だけでなく、植物に命令し、敵を攻撃することもできる。どの時代においても、ドルイドは彼らの持つ強大な力を濫用しないように努めてきた。

 

 動物はドルイドを仲間として認識しており、ドルイドの目や耳として警護の役割を果たすだけでなく、心強い戦友にもなる。全父の信奉者たちは、エルフの妖人冒涜が起きた原因にドルイドの教義を挙げた。
 迫害を受けたドルイドは秘密裏に活動し、戦争と混沌の接触にさらされ、破壊された大地に長い間ブライアラの慈愛を与え続けてきた。文明の名のもとに行われた、開墾による自然の損傷を最小限に食い止め、植林に努めてきたのもドルイドであった。
 とりわけドルイドが力を入れたことは、自然調和の基盤をなす生と死、そして発育の修復であった。
天変地異の影響により自然循環は崩れ、ブライアラは致命的な傷を負った。この陰惨な時代に直面したドルイドは、森を出て行動を起こした。

 

 ドルイドが都市を好むことはなく、彼らは森の奥で質素な生活を送る。ドルイドの中には太古道理を尊ぶ村に滞在し、人びとに動物の生態と薬草についての知識を分け与える者もいる。別のドルイドは古代の森林と聖所の管理を担う。もしくはにぎやかな都市を訪れ、現代知識あるいは金銭や食料を提供してくれる人びとに簡単な教理を説く。ドルイドの活動は血を流し続ける地界の傷口を塞ぎ、自然調和の回復をうながすだろう。

 

[対応する種族]
アエルフボーンエルフケンタウロスヒト
[対応する素質]
ヒーラー
[対応する資格]
アンデッドハンターウェアウルフウェアベアエンチャンターサモナーサンクティフィアダークスウォーントラベラーハンツマンブレイドウィーバーラットキャッチャールーンキャスター

 

固有名詞一覧

 

《え》:エルフ(Elves)

 

《こ》:混沌(Chaos)

 

《し》:死(Death)自然循環(Cycle)、自然調和(Sacred Balance)、獣霊(Beast Spirits)、森林(Groves)
《せ》:生(Life)、聖所(Temples)、全父(All-Father)

 

《た》:太古道理(Old Ways)
《ち》:地界(World)
《て》:天変地異(Turning)
《と》:ドルイド(Druids)

 

《は》:発育(Transformation)
《ひ》:ヒーラー(Healers)、人(Men)
《ふ》:ブライアラ〔地母神〕(Braialla the Green Mother)、プリースト(Priests)

 

《よ》:妖人冒涜(Great Betrayal of the Elves)