読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

プリースト

生業

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160706191210j:plain

―神格に仕える僧侶―

 

 ヒーラーとは信仰の対象を崇拝し、祝福と奇跡的な力を授かる者たちの総称である。祈りの日々を送り、守護神との結びつきを深めた者たちはその神格に忠実な信徒、プリーストと呼ばれるようになる。
 広く知られている僧侶としてはコンフェッサーとプリレイト、さらにドルイドなどを挙げられるが、信仰の対象は彼らの崇拝する神々に限られない。ドワーフは彼らを創造したトゥーリンを、ケンタウロスは彼らの父ケーナリンを、エルフの月僧侶はサイドロンを崇拝する。
 場所によっては、全父かブライアラを信仰しない者たちは疎んじられることがある。天変地異が起きた後の暗い世相により、多くの人々が悲観し、それぞれの信仰が捨てられることもあった。

 

 守護神との結びつきはプリーストに素晴らしい力をもたらす。彼らは傷と病気の治癒を施せるだけでなく、神聖もしくは不浄な波動を放つことで敵と戦うことができる。
 貧困と病気が蔓延する現代では、大半のプリーストがひとつの組織に所属し、困窮した人々の保護に生涯を捧げる。別の者たちは自分が信じる守護神の教義を広めるため、地界を放浪する。

 

 大部分のプリーストが地界の子供たちのために働く一方で、彼らとは異なるプリーストも存在する。月女神、夜の母、呪術の女王などとも呼ばれる神格、サイドロンを崇拝する者たちは度々恐ろしい悪夢を解き放つ。怪しげな仮面を着けているプリーストは破壊神モーロックを奉じ、全父の子供たちが歴史に築き上げたものすべてを破壊しようとしている。別の脅威として、混沌に仕えるプリーストの存在が噂されており、彼らのような悪神の下僕たちも地界の滅亡を画策しているようだ。

 

[対応する種族]
アエルフボーンアラコイクスイレケイエルフケンタウロスドワーフヒト
[対応する素質]
ヒーラー
[対応する資格]
アニメイターアンデッドハンタークランウォーデンコマンダーサバントサモナーサンクティフィアサンダンサージャイアントキラーダークスウォーントラベラーフォージマスターブレイドウィーバーワイアームスレイヤー

 

固有名詞一覧

 

《あ》:悪神(Dark Lords)
《え》:エルフ(Elvies)

 

《か》:神(Gods)
《け》:ケーナリン(Kenaryn)、ケンタウロス(Centaurs)
《こ》:混沌(Chaos)、コンフェッサー(Confessors)

 

《さ》:サイドロン(Saedron)
《し》:守護神(Patrons)、呪術の女王(Queen of Magic)
《せ》:全父(All-Father)、 全父の子供(Children of the All-Father)

 

《ち》:地界(World)、地界の子供(Children of the World)
《つ》:月僧侶(Moon Priests)、月女神(Moon Goddess)
《て》:天変地異(Turning)
《と》:トゥーリン(Thurin)、ドルイド(Druids)、ドワーフ(Dwarves)

 

《ひ》:ヒーラー(Healers)
《ふ》:ブライアラ(Braialla)、プリースト(Priests)、プリレイト(Prelates)

 

《も》:モーロック〔破壊神〕(Morloch the Destroyer)