読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

スカウト

生業

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160706191217j:plain

―有能な斥候―

 

 ローグは都市のごろつきとして疎まれているが、彼らの中には窃盗と殺人の代わりに斥候の能力を修得し、街を離れた者たちがいる。古代の遺跡もしくは人里離れた戦地に行くことを望む場合、森林および霧の中に道を見つけ、敵に補足されないようにしてくれる案内人が必要になる。
 高額な報酬に目のないスカウトを雇用すれば、彼らはそれに見合った働きをしてくれるだろう。鋭い眼と速い足を持ち、忍び歩きも得意とするスカウトは、音を立てることなく未開の森林を移動できる。スカウトが自分の能力を駆使すれば、一財産を築くのに長くはかからない。

 

 ローグはすべからく危険の察知に長けており、安全な道を選べるだけでなく、荒れ地を素早く進むこともできる。スカウトは索敵と追跡にも長けているが、彼らの能力は野生動物を手本として獲得したものではなく、生まれながらの才能と研ぎ澄ませた感覚によるものである。
 有能なスカウトは何百里も先にいる敵を発見できるため、スカウトの捕獲は不可能だと言える。自分の姿を意図的にさらけ出し、敵を遠くに誘導することに加え、雇用主の姿を敵の目から欺くこともスカウトの主な仕事である。
 森の中にいるスカウトが技能と知恵を頼りに死を遠ざけ、長く豊富な経験を積むと、彼らの能力はレンジャーにさえも引けを取らなくなる。

 

 一般に斥候は正当な仕事として扱われているが、スカウトの気質は他のローグと変わらないため、彼らを雇用した軍の指揮官は十分に警戒しなければいけない。なぜなら、スカウトは契約の遵守よりも金銭を重要視するからである。
 スカウトの雇用者は軍隊だけに限らず、たびたび冒険者は傭兵よりもスカウトに価値を置き、旅の助けをさせる。偵察なくして戦いに勝利はなく、指揮官は必ず彼らの目と耳になるスカウトの一団を引き連れる。

 

[対応する種族]
アエルフボーンアラコイクスイレケイエルフシェイドネフィリムバンパイアヒト
[対応する素質]
ローグ
[対応する資格]
アーティレリストアンデッドハンターウェアラットグラディエイターサボテュアサンダンサースカイダンサーストリゴイトラベラーバウンティハンターハンツマンブラックマスクブレイドウィーバーブレイドマスタープロスペクターベルゴスチラットキャッチャールーンキャスター

 

固有名詞一覧

 

《す》:スカウト(Scouts)

 

《れ》:レンジャー(Ranger)
《ろ》:ローグ(Rogues)