読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ブレイドマスターの物語

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160724190224j:plain

 これは、剣の書に記された古い伝承である。

 

 それはまだ、神がみが地上で暮らしていたときのこと。最も若い神は、全父がもつ最後の子供として生まれた。彼はさまざまな名前で呼ばれている。ドライセン・ワンアイド、ドライセン・トゥルーサイト、あるいは真理の子、詩仙など。
 言い伝えによると、ドライセン藍色の目と銀色の髪をもつ、青年の姿をしていた。彼は風に身を任せ、地界を放浪していたようだ。東方の人びとは、ドライセンを旅行者たちの守護神と見なし、道中の無事と幸運を祈って、彼の御名を唱える。
 しかしそれは、ドライセンが人の子に遺した、重要なものに比べれば、取るに足らないだろう。

 

 いつとも知れぬ昔、石油を思わせるほど黒い夜空の下で、ドライセンは散策していた。すると突然、燃えるような目つきの猪たちが、群をなして現れる。その先頭には猪の主がいて、この獣がもつ激しい気性と大きな体は、とても恐ろしいものだった。
 この出来事は獣主征伐よりも古い。獣主と凶暴な動物たちは、夜のなかを我が物顔で走り、手あたり次第に、ヒトを襲っていたのである。猪の主はドライセンの素性を知らず、彼に向かって、いつものように突撃した。
 しかし猪の主といえども、真理の子がもつ筋力とすばやさにはかなわない。ドライセンは、猪の主がもつ二本の牙を、すんでのところでつかみ、獣の勢いを止めた。

 

 「なぜおれを襲う」ドライセンは聞いた。「おまえは、おれとおれの父のことを、何も知らないのか。おまえが昼の明るさを恐れるように、おまえはおれのことが怖いはずだ」

 

 猪の主はドライセンをにらみつけ、はき捨てるように答えた。「わしらは太陽だけを恐れる。あの方がともした火は、あの方がもつ、強大な力を思い出させるからだ。小さな生き物よ、おまえは何者だ。おまえは本当に強いのか」

 

 「おれは真理の子だ」とドライセンは言った。「おまえは、二度とおれに近づかないだろう」

 

 ドライセンが全力をかたむけると、彼のつかんでいた二本の牙は、ぽっきりと折れる。猪の主は悲鳴をあげて、手下たちとともに逃げ出し、暗闇のなかへ消えていった。
 その後、ドライセンは二本の牙を加工し、出来あがった一組の長剣は、ジェンイタイと名づけられた。そのうちのひとつは、彼自身が所持する。もうひとつは、ヒトがもった最初の王に贈られらた。

 

 「おれは、闇夜の獣から武器を取りあげた」と若い神は言う。「おまえたちが、暗闇を避ける日びは終わり、いつでも好きな場所に、ヒトは行けるだろう。王よ、おまえを守るために、この剣を渡しておく。
 おれは旅立ち、闇夜のなかで見張りをする。おれとおれの弟子たちは、暗闇に光を照らすだろう。夜が来たときは、空を見上げ、おれたちを探すといい。
 よく覚えておけ。おれを探す者には、誰であろうと、おれが通った道を歩かせる。いつか彼らは、おれを見つけるだろう」

 

 ドライセンの話が終わると、夜空には最初の星が生まれ、きらめいたという。その後ドライセンは、二度とヒトの宮廷に、姿を見せなかった。

 

 真理の探究とも呼ばれる剣理は、まさしく剣の道であり、古くから尊ばれている。武術の一般的な訓練とは違い、剣理と人の道は同義といえよう。
 これは地界がまだ新しかったときに生まれ、昼中時代から伝えられてきた、闘争なき時代の大いなる遺産であった。

 

(中道心得は保留)

 

 固有名詞一覧(ブレイドマスターの物語)

 

《い》:猪の主(Boar)

 

《か》:風(Wind)、神(Gods)
《け》:剣の書(Book of Swords)、剣の道(Way of the Sword)、剣理(Blademastery)

 

《し》:ジェンイタイ(Jen'e'tai)、詩仙(Master of Songs)、獣主(Lords of the Beasts)、獣主征伐(Taming)、守護神(Patrons)、真理の子(Son of Truth)、真理の探究(Discipline of Truth)
《せ》:全父(All-Father)

 

《た》:太陽(Sun)
《ち》:地界(World)
《と》:東方(East)、ドライセン・トゥルーサイト(Draethen Truesight)、ドライセン・ワンアイド(Draethen One-Eyed)

 

《ひ》:火(Fire)、ヒト(Men)、人の子( Sons of Men)、昼中時代(Age of Days)
《ふ》:ブレイドマスター(Blade Masters)

 

《や》:闇夜(Night)