シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ブラッドホーンの物語(Bloodhorn's Narrative)

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160724190233j:plain

 おれが怖くないのか。逃げないなら殺すぞ。よく聞け、十本足指のうじ虫。夜明までにおまえは命乞いをして、おれの氏族はおまえの肉を食い、おまえの歯はおれの椅子を飾るだろう。おれは、モーロック神に祝福されたブラッドホーンだ。おれを恐れろ。

 

 おまえが死ぬまえに、おれたちのことを教えてやる。おれたちの姿は、もともとおまえと同じだったが、今では、おまえよりも優れている。おれの話を聞いて震え、恐れおののけ。
 ミノタウロスが、どのように作られたのかは有名だ。虚弱人の呪術がおれたちを生んだ。かれらが、どのようにおれたちの意思を、呪術の鎖で制御したのかは有名だ。苦痛と操作の呪文が使われた。かれらの戦争で、どのようにおれたちが戦ったのかは有名だ。大地は、おれたちのひづめで大きく揺れた。おまえはすべて知っている。

 

 やつらはおれたちのことを、のろまで頭の悪い奴隷と呼んだが、やつらが思っていたよりも、おれたちは賢かった。では、牛鬼の解放者、コルド・スカルクラッシャーのことを聞け。
 虚弱人がかれら同士で争ったとき、コルドはやつらのくびきを壊した。コルドは苦痛を知らず、あまりにも強く、どのような呪術にも捕縛されなかったから、うまくいった。ばかなエルフが、奴隷だったコルドに罰を与えようとしたとき、コルドはエルフを殺し、かれの角は血で黒く染まった。コルドは、手当たり次第にエルフたちの首を狩り、やつらに向かって雄たけびをあげた。エルフたちは、「ブラッドホーン(血まみれの角)だ」と叫んだ。ミノタウロスたちは、邪悪な呪術師たちに反乱をおこし、その結果、おれたちのなかで、特に強い連中が自由になった。
 わかったか、うじ虫。おれたちがそのミノタウロスだ。おれたちの反乱を見るまで、おまえの同族たちは、主人であるエルフに歯向かおうとしなかった。弱虫よ、おれたちをばかだと言ってみろ。

 

 そして、最初にブラッドホーンになったコルドは、その名前を帯びた。コルドはかれの仲間たちを、虚弱人の土地から遠く離れた、北方まで引き連れた。コルドの支配に対し、多くのミノタウロスが挑戦したが、そのほとんどが、かれの角によって殺害された。
 しかし、コルドに強さを認められた者たちもいた。コルドはそのようなミノタウロスたちを、凶悪護衛に任命した。角をエルフの血で染めた凶悪護衛たちは、コルドとほぼ同等の強さをもっていた。虚弱人たちは報復にやってきて、おれたちをふたたび奴隷にしようとしたが、コルドは難なく返り討ちにした。コルドと凶悪護衛たちにエルフの呪術は効かず、このミノタウロスたちは、戦いで苦痛も恐怖も感じなかった。
 コルドは、凶悪護衛たちにかれの名前を分け与えた。ミノタウロスのあいだでもっとも強く、角を血で染めたおれたちは、こうしてブラッドホーンになった。おれは激しい戦いをとおして、ブラッドホーンの名前を勝ち取ったのだ。おまえに同じことができるか。

 

 おまえはすべてを知らない。おれたちでさえ長いあいだ、コルドのもっていた強さが、すばらしい贈り物だということを知らなかった。おれたちにその恩恵をくれたのは、火口に投げ入れられた、モーロック神こと仮面神だった。モーロック神は、おれたちと同じように苦しみ、おれたちと同じように虐待された。そして、おれたちと同じように、神がみの子たちを激しく憎んだ。
 モーロック神は、山にあった火口の中で、コルドの雄たけびを聞き、価値のあるかれらを見つけた。モーロック神は、離れたところからコルドの強さを吸いこんだ。尽きない怒りをもつコルドの魂が、どのような呪術をかけられても、拘束されなかったからだ。仮面神がやってきたとき、おれたちはかれからすべてを学び、ドゥームセイヤーは死と命を与えられた。モーロック神はブラッドホーンたちに、かれらの栄誉ある運命を教え、かれらはよく聞いた。

 

 おまえの同族たちは、おれたちを山やまから追い出そうとした。だが、出ていくのはおまえたちだ。仮面神の力はおれたちの力であり、戦争神の怒りはおれたちの怒りだ。そして、不具神の復讐はおれたちの復讐だ。それはおまえの破滅でもある。
 十本足指よ、おまえは戦いでブラッドホーンたちを見た。それを忘れるな。おまえが、生命の樹のそばで新しい肉体を得たあと、仲間たちに伝えろ。グリモック・ブラッドホーンがやってくると。

 

固有名詞一覧

 

《う》:牛鬼の解放者(Breaker of all Chains)、運命(Destiny)
《え》:エルフ(Elves)

 

《か》:神がみの子(Children of the Gods)、仮面神(Masked God)
《き》:凶悪護衛(Doomguard)、虚弱人(Pale Ones)
《く》:グリモック・ブラッドホーン(Grimmoch Blood Horn)
《こ》:コルド・スカルクラッシャー(Kordo Skullcrusher)

 

《し》:十本足指(Ten-Toes)
《せ》:生命の樹(Trees)、戦争神(War God)

 

《と》:ドゥームセイヤー(Doomsayers)

 

《ふ》:不具神(Maimed God)、ブラッドホーン(Blood Horns)
《ほ》:北方(North)

 

《み》:ミノタウロス(Minotaurs)
《も》:モーロック(Morloch)