シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ストームロードの物語(Stormlord's Narrative)

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160724190420j:plain

「トルヴァルデよ。おれの声を聞け。おれは、ヘルフグレム・ヘルムクリーヴァーの血を継ぐロトモンの息子、ヒーロモンだ。南方人たちに対して、十六回の襲撃をおこない、おれの財産は鉄で築かれた。二十人の戦士たちがおれの命令で殺し、おれの斧は北方さえも震わせる。五回の血讐がおれの腕力で終わり、おれは六人のヨトゥンを絶命させた。おれの角笛を聞けばアウロクメンガは逃げ、諸氏族の大氏族長たちでさえも、おれの名前を恐れている。
 おれは、あなたの名前をたたえてきたぞ、北方人の父よ。おれは、闘争と決闘で殺した敵すべてに、あなたの印を刻んできた。おれの体には、戦闘で負った十個の傷があり、おれの剣、グラムスコールは、ウィルムの巣で、この怪物の皮を切り刻んだ。
 トルヴァルデよ。おれの声を聞け。おれの呼びかけを聞け。ヴァルハラにいる、全員が勇猛かつ偉大で鋼のような、おれの祖先たちの声を聞け。おれにあなたの恩恵を授けよ。あなたが冬の女王、フルイッカから勝ちとった力をくれ。あなたの激しい力でおれを打ち、おれに雷と雷光の威力をあたえてくれ。おれをストームロードに加え、永遠に、あなたの栄光のために戦わせてくれ。
 トルヴァルデよ。おれの声を聞け。あなたを呼ぶ者の名前は、ヒーロモンだ」

 

―ストゥアグラムメスト山の頂上で雷に打たれて死亡した、北方人の偉大な戦士、ヒーロモンが残した最期の言葉より引用

 

 おれたち北方人は、第一時期いらい、凍土に住んできた。全父に形づくられて動きだしたトルヴァルデが、かれの民を、御父が与えると約束した土地まで、連れてきたときからだ。おおくの試練がおれたちを待っていて、敵は、北方の土地を自分のものと主張していた。おれたちは、全父の最初の子供である、ヨトゥンたちと長いあいだ戦った。さらに、美しいが冷酷なアルファルたちと、そして、かれらの家来であり、牛の頭をもつアウロクメンガたちとも争った。
 冬の女王、フルイッカを眠りから起こしたのは、トルヴァルデであり、かの女の放った嵐は、アルファルたちを遠くへ退けた。しかし、心ない冬の女王の嵐は、北方人たちにも向けられた。嵐の勢いがもっとも強い、ストゥアグラムメスト山の頂上で、かの女を抑制したのはトルヴァルデだった。トルヴァルデの強力な槌は、白い女王を気絶させ、かれの怪力は、フルイッカの力が弱まるまで、かの女を制圧しつづけた。
 こうして、北方人の父は雷と雷光の力をもぎ取り、最初のストームロードになった。おそらく、フルイッカは、地界の屋根にある洞窟でまだ血を流している。そして、おれたちを苦しめるために、風と冷気を送りつづけているのだろう。だが、おれたち北方人は強いので、長いあいだかの女の怒りに耐えてきた。

 

 ヨトゥンたちを雷と雷光で打ち、かれらをおれたちの故郷から追い払ったのは、トルヴァルデだった。全父を探す長い探究に出るまで、トルヴァルデは大氏族長のなかの大氏族長、ヒーロガにすばらしい贈り物を与えた。その後、歴史のなかで、北方人における最大の英雄たちが、ストゥアグラムメスト山の頂上に立ち、嵐が来るのを待った。それは、トルヴァルデに呼びかけ、かれからの恩恵を得るためだ。
 トルヴァルデは落雷で答える。もしも英雄に勇気があり、十分に強く、魂が名誉に満たされていれば、かれはストームロードに加わり、破壊の達人になる。もしも英雄に資質がなければ、かれは死ぬことになる。

 

 魂を試すつもりはあるか。おまえは戦士であり、襲撃者であり、傷をもたらす者であり、敵を切り裂く者だ。だが、地中に深く埋められた鉄のように、おまえの胸が宿している勇気は、誰が価値を見きわめるのか。山の険しい頂上に立ち、おまえの父の名前を呼ぶつもりはあるか。おまえには、おまえの槌に雷を蓄えさせる資質か、あるいは、雷光を支配する資質があるだろうか。いずれわかるだろう。

 

固有名詞一覧

 

《あ》:アウロクメンガ(Aurochmenger)、アルファル(Alfar)
《う》:ヴァルハラ(Valhalla)、ウィルム(Wyrm)
《え》:英雄(Hero)

 

《し》:氏族(Clan)
《す》:ストゥアグラムメスト山(Sturmgrammestor)、ストームロード(Storm Lord)
《せ》:全父(All-Father)

 

《た》:第一時期(First Days)大氏族長(Thane)
《と》:凍土(Frozen North)、トルヴァルデ(Torvald)

 

《な》:南方人(Southlander)

 

《ひ》:ヒーロガ(Herogar)、ヒーロモン(Heromund)
《ふ》:冬の女王(Queen of Winter)、フルイッカ(Frykka)
《へ》:ヘルフグレム・ヘルムクリーヴァー(Haelfgrim Helm-Cleaver)
《ほ》:北方(North)、北方人の父(Father of the Northmen)

 

《よ》:ヨトゥン(Joten)

 

《ろ》:ロトモン(Hrothmund)