シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

アンデッドハンターの物語

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160724190448j:plain

 じきに日は暮れ、数時間後には真っ暗になる。

 

 もう穴を掘らなくてよい。予想どおり、この教会墓地でまちがいはないようだ。調査をやめてよいと言ったはずだ。太陽が沈めば、あいつはおれたちを探しに来る。あいつには寝ていてほしかったが、なかなか賢いようだ。今できることは準備だけだ。おまえの部下を集めろ。おれたちはこの丘で戦う。

 

 おい、どこへ行くつもりだ。おれたちはここで戦うと言ったはずだ。夜が怖いのか。たった一人のヴァンパイアが恐ろしいのか。安心しろ。おれはもっとひどいものを見てきた。おまえがおれを頼ってきたのは、小さな問題を解決するためだったはずだ。
 おれはアンデッドハンターであり、二十年ものあいだ、死人の灰を狩り集めてきた。怖いなら、ここから逃げて、砦の中から外を眺めてもよい。だが、おまえが隠れているあいだ、すべての夜で、あいつはごちそうを楽しみ、さらにおおくの死体を呼び起こす。おまえが弱くなる一方で、あいつは強くなるんだ。
 一か月ほど閉じこもっていれば、あいつは腐った死体の軍勢を引き連れて、おまえのいる砦を攻撃する。しかも、不死者たちは疲れを知らない。そのときには手遅れだ。おれの言ったことは事実になる。悪臭を放つ、ゾンビと思われる敵と戦ったことはあるか。隣人たちの死体ならびに愛する人たちの死体と、あるいは、自分の死体と戦った経験はあるか。そうならないように祈っておけ。

 

 さっそく、計画について話そう。おまえたち四人は、できるだけおおくの木を集めろ。おれたちは、丘の上でたき火をたく。おまえはたいまつを作れ。各自に、最低でも四本が必要になる。今夜のおれたちにとって、火は最良の友人だ。火を使えば、仲間の死体を確実に壊せるうえに、明かりにもなる。
 すぐにヴァンパイアが現れると思うな。あいつはまず軍勢を送りこんできて、おれたちを疲弊させようとする。軍勢の大部分は歩く死体だが、一部にはスケルトンもいるだろう。緊張しなくてよいが気を緩めるな。息切れしてしまうからな。だが、あいつらは疲れない。

 

  若造、おまえの役目は、何がおきてもたき火を絶やさないことだ。そこのおまえは、この斧を持て。ゾンビが倒れたら、できるだけ早く首を断て。この斧はよく研がれている。ただの薪わりだと思え。おい、おまえはこっちを見ろ。これらを受けとれ。両手にたいまつを持て。戦いが始まったら、おまえは木こりについていけ。木こりがゾンビの首をはねたら、死体に火をつけろ。おまえたち二人がうまく働けば、ゾンビとの戦いは一度で済む。
 残りの者たちは、おれとともに厄介な仕事をおこなう。二人一組で離れずに戦い、たき火いがいには背中を向けるな。では、全員が剣を握れ。刃物は肉体をもつ敵に使え。首か脚を狙い、ゾンビどもを動けなくさせろ。スケルトンには戦棍を使え。戦棍は、帯にさげるか近くに置いておく必要がある。

 

 敵の群がやってくるから、準備を済ませておかなければならない。恐怖はあいつらがもつ最大の武器だ。悪臭をかいで嘔吐しても、恥じる必要はない。そして、ゾンビどもの顔は見るに耐えない。うまく立ち回りながら、たき火に背を向けつづけろ。そうすれば生き残れる。ひとたび要領を得れば、苦労せずに倒せるだろう。
 一ダースのゾンビに勝ち、動き回れるようになっても、用心しろ。敵が逃げても釣られるな。たき火を囲う仲間たちから離れたら、死ぬことになる。遠くで仲間が倒れても放っておけ。その仲間を引き戻そうとして、暗闇に背中を向けるな。仲間を起こそうとすることは、特に危険だ。別のゾンビが生まれてしまうだろう。そいつを始末しなければ、おまえもゾンビにされる。
 レイスか体をもたない敵に遭遇したら、おれを呼べ。おれの棍棒は霊樹でできていて、聖人に触れられたものだ。おれは、神学校では教えない祈りを知っている。ヴァンパイアが現れたときも、おれにまかせろ。死者の主人とおれの側からは、離れておけ。おれは、必ず役にたってきた技をいくつも知っている。だが、もしもヴァンパイアが二人いたら、厄介なことになるだろう。

 

(1/2まで翻訳)