読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ウェアラットの物語

資格の物語

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160724190511j:plain

 こっけいな話がある。吟遊詩人は、緑豊かな森と晴れ渡った空について歌う。そして善良な人びとと英雄も賞賛する。だが俺は英雄に会ったことがないし、地界には美しい大理石がある一方で、汚物も存在している。
 人びとは、汚いものから目をそらすようだ。都市の道路を歩くとき、彼らは、悪臭に気がつかないふりをする。壺に入った汚物を窓から投げ捨てて、無関係を装う。厄介払いができたと。

 

 どこに糞尿が投げ捨てられたのか、分かるか。それは道路のあいだに位置し、見下ろす場所に流れる、長い水路だ。水路沿いから下水道に入ることができ、勇気のある者はそこを歩く。そして育ちの良い人びとは、彼らを嫌い、近寄らない。
 しかしご立派な旦那たちでさえも、悪事を企てるときには、厄介者の手助けが必要となる。

 

 見てみろよ、ここは俺と仲間たちの王国だ。俺たちは、真っ暗な下水道の王様というわけさ。
 小さな町にもシーフがいる。大都市のシーフは正直な商人を装って、ギルドをもつ。悪党たちは貴族とともに、徴税や戦争をとおして、自分たちだけの勢力を築く。
 犯罪者たちによる大きな組織のなかでは、俺と同じような奴が一人はいる。するどい耳とよく見える目をもち、忍び歩きと索敵、それに侵入と偵察が得意な者たちのことだ。
 俺はウェアラットであり、小さなねずみに変身すると、扉の下にある隙間をくぐることができる。狭い排水溝を登り、警備の厳重な施設に入ったこともある。ひとたび侵入すると、俺をつまみ出せる奴はほとんどいない。盗みに調査、それに殺人や陽動をやって、お使いを終わらせるのさ。
 脱出するときはねずみの群に紛れるから、誰にも見つからない。

 

 ウェアラットに変身できる奴は、神がみに呪われているか、ねずみにかまれたせいだという噂は、おまえも聞いたことがあるだろう。血のなかに、何か悪いものが宿っているともいわれる。
 真実を知りたいか。すべてを話はしないがな。ヒトの心には、一人の例外なくねずみが住んでいる。それはナイトとプリレイトも同じだ。
 ウェアラットになりたいなら、まずは自分の内側にいる、ねずみの声に注意を傾ける必要がある。目に見えるねずみが賢いように、このねずみも賢い。しかしこのねずみを上手く扱えれば、彼は外に出てくるだろう。

 

 間違った話は忘れろ。熊男のフィン・アプ・クミルについてだ。おまえもフィンが熊に変身したり、鳥になって飛んだ話は、聞いたことがあるだろう。だが今から、誰も知らない話を教える。
 かつてエルフに捕らえられたフィンは、下水道のなかで、呪力を宿す鉄の鎖に繋がれた。このとき、まだ動物に変身できなかった彼を助けたのは、どの動物だったのか。それは熊の主ではなく、鼠の主だった。
 暗闇の王でもある鼠の主は、フィンの鎖をかみ砕いた後、ねずみのようにはう方法を、彼に教えたのだ。しかし偉大な英雄が、卑しい動物と汚物に関わりがあるのは、ふさわしくないといわれ、この伝承は忘れ去られた。俺たちを除いてな。
 これが俺たちの無視される理由だ。いつか俺たちは、本来の名誉を取り戻し、人びとを振り向かせるだろう。

 

 シーフの王になりたいか。思い浮かべるといい。地下を猫よりも速く走り、暗闇を見通せる。財宝置き場にだって侵入できる。ねずみたちは友人となり、おまえを助けてくれるだろう。
 汚くて臭い下水道は、気持ちのいいものじゃないが、そこを通り抜けると、黄金の山がおまえのものになる。

 

 怖がらなくてもいい。俺は、おまえにその方法を教えてやれる。だがウェアラットになるなら、代償がともなうことを覚悟しておけ。

 

 固有名詞一覧

 

《う》:ウェアラット(Wererats)
《え》:エルフ(Elves)

 

《か》:神(Gods)
《く》:熊の主(Bear)
《き》:ギルド(Guilds)

 

《し》:シーフ(Thieves)

 

《ち》:地界(World)

 

《な》:ナイト(Knights)
《ね》:鼠の主(Rat)

 

《ひ》:ヒト(Men)
《ふ》:フィン・アプ・クミル(Finn ap Cummil)、プリレイト(Prelates)