シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

遊牧民ホーワシ人に伝わる天地創造の神話

 時間と太陽のない時代、地界は逆さまで、空は下に、大地は上にあった。人びとは裸のまま獣のように暮らし、言葉を話すことなく、生肉か草原の草を食べていた。当時の獣は人びとを支配しており、ユルトに住んで道具を使い、言葉を話した。彼らは食べるためと競技のため、あるいはおりに入れて飼うために、ヒトを狩りの獲物とした。
 しかし、人祖は賢かった。彼は偉大な雌獅子から火の秘密を教わり、動物の王たちこと蛇の主、猪の主、狼の主、熊の主に対して、反乱を起こした。戦いは大地が落ちるほど激しく、地面は空の下に移動して、それらは今と同じ構造になった。
 こうして、地界が出来たのだ。

 

無限草原の遊牧民ホーワシ人に伝わる創世神話より引用

 

固有名詞一覧

 

《い》:猪の主(Boar)
《お》:狼の主(Wolf)

 

《く》:熊の主(Bear)

 

《し》:時間(Time)、人祖(First Man)
《そ》:草原(Plain)

 

《た》:太陽(Sun)
《ち》:地界(World)
《て》:天地創造(Creation)

 

《ひ》:火(Fire)、ヒト(Man)
《へ》:蛇の主(Snake)
《ほ》:ホーワシ人(Horwathi)

 

《む》:無限草原(Endless Plains)
《め》:雌獅子(Lioness)

 

《ゆ》:遊牧民Nomad)、ユルト(Yurt)