シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

力の源泉

 鉤爪戦役の終結から六十年がたった今、アラコイクスは行動をおこした。スカイダンサーの兵士とサヴァントの超能力者をふくむ、帝国の先遣隊が、ひそかにルーン門から出てきたのである。これらの侵入者たちは、先にいた有翼人たちも呼び集め、新しい軍隊を編成した。
 少数の先遣隊員が捕らえられたあと、呪術結社は彼らから、ルーン門のさらなる秘密を強制的に聞き出した。こうして、トラベラーの技術が拡張されたのである。
  鳥鬼帝国の目的は今も判明していないが、彼らが何かを探していることは、まちがいない。アラコイクスたちは砂漠の奥地で、アーダン国の古代遺跡を見つけたという。要塞の中にあった図書館には、数千年まえの古代文字で書かれた、膨大な量の書物が収められていた。ここでアラコイクスは、どのような知識を探し求めるだろうか。
 冒険者たちの略奪によって、少数の巻物と石板が、初めて外部に持ち出された。それらは、人びとに今までない発想を与え、新しい呪術と学説を成立させた。アラコイクスたちは、彼らの帝国がすぐにアエアインスの全土を征服し、栄光を獲得すると主張している。

 

 賢者たちの多くが、有翼人のたくらみを警戒している。しかし、アエアインスでは戦争が激化しているため、彼らの警告を聞く国家は少ない。
 ドワーフたちは休まずに働いており、古代から使われていなかった鉱山を復旧させている。帝国を整備させる大量の黄金が、鉱山の中で、根気強く採掘する者たちを待っている。資源がもたらす富は膨大であり、全土の大侯たちが、必死に鉱山を所有しようとしている。そのため鉱山のそばでは、襲撃と戦闘が頻繁に見られるようになった。
 大きく注目されている鉱山は、アエアインスをどのように変えるのだろうか。どの国家が争いに勝ち、もっとも多くの栄光と黄金を手に入れるのだろうか。

 

固有名詞一覧

 

《あ》:アーダン国(Ardani)、アエアインス(Aerynth)、アラコイクス(Aracoix)

 

《か》:鉤爪戦役(War of Talons)
《く》:空軍(Kh'ree)
《け》:賢者(Wise)
《こ》:鉱山(Mines)

 

《さ》:サヴァント(Savant)
《し》:呪術結社(Conclave of Wizards)
《す》:スカイダンサー(Skydancer)

 

《た》:大侯(Warlords)
《と》:トラベラー(Traveler)、鳥鬼帝国(Aracoix Empire)、ドワーフ(Dwarves)

 

《ゆ》:有翼人(Birdmen)

 

《る》:ルーン門(Runegates)