シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ティーターン(The Titans)

 全父は、昼中時代に十三人のヒトを形作り、彼ら強大な半神半人たちは、ティーターンと呼ばれている。かつてはヒトのあいだで、ティーターンたちが広く崇拝されていた。しかし、数世紀ほどまえに、全父に仕える僧侶たちによって、ティーターンたちへの信仰は取りのぞかれた。
 災禍戦役で多くのティーターンが命を落とし、生き残った者たちの大半が、アエアインスから離れ去った。辺境の土地に住む素朴な人びとは、今もティーターンの神像を建てる。そして、過去から現在まで、少数のティーターンたちが、信仰者たちの祈りに報いてきた。

 

アルダン[光輝王]
アルノムス[悪漢]
ヴィレンナ[才媛]
ウェンドル[農夫]
カテレリン[賢母]
ギラヤ[尼僧]
コルウィンネ[産婆]
ゴルゲリム[刀工]
ゴロム[猟師]
トールヴァルド[豪傑]
無名人祖
ヘヴラリス[牧女]
ラシャヴァ[鬼嫁]

 

用語一覧[概要]

 

《あ》:アエアインス(Aerynth)

 

《さ》:災厄戦役(War of the Scourge)
《せ》:全父(All-Father)

 

《て》:ティーターン(Titan)

 

《は》:半神半人(Demigod)
《ひ》:ヒト(Human)、昼中時代(Age of Days)

 

用語一覧[概項目]

 

《あ》:アルダン[光輝王](Ardan the King)、アルノムス[悪漢](Arnomus the Rogue
《う》:ヴィレンナ[才媛](Virenna the Fairest)、ウェンドル[農夫](Wendol the Plowman)

 

《か》:カテレリン[賢母](Kathellerin the Matron)
《き》:ギラヤ[尼僧](Gillaya the Healer)
《こ》:コルウィンネ[産婆](Colwynne the Midwife)、ゴルゲリム[刀工](Golgerim the Smith)、ゴルム[猟師](Gorum the Hunter)

 

《と》:トールヴァルド[豪傑](Torvald the Strong)

 

《へ》:ヘヴラリス[牧女](Hevralis the Tamer)

 

《む》:無名人祖(Nameless One)

 

《ら》:ラシャヴァ[鬼嫁](Lashava the Tempestuous)