シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

シー

 最も聡明で美しい生物ことシーは、最初に生まれたエルフたちであり、諸神から呪術と技術を学んだ。激動の歴史によって、シーという花ばなは摘みとられたが、生き残れた人数は多い。現代のかれらは、同族の再興を助ける者と、戦争と暴力に巻き込まれないために、地界で隠れ住む者に分かれている。
 エルフは、日びのなかでシーの優美と権能をたたえ、歌をうたう。かれらの大多数が、シーのことを、正統神と同格の神格とみなしている。

 

ギルリアンドール〔国王〕
ギルレスティン〔弓兵〕
グラマンドリル〔博士〕
コルリナンドール〔船頭〕
セルルナン〔史家〕
タラマール〔剣客〕
デアニルラ〔星織〕
リルリアンドラ〔麗人〕
ラセリオン〔幹事〕

 

用語一覧

 

《え》:エルフ(Elf)

 

《か》:神(God)
《き》:ギルリアンドール〔国王〕(Gilliandor the King)、ギルレスティン〔弓兵〕(Gillestin the Archer)
《く》:グラマンドリル〔博士〕(Glamandril the Wizard)
《こ》:コルリナンドール〔船頭〕(Corrinandor the Mariner)

 

《し》:シー(Sidhe)
《せ》:正統神(True God)、セルルナン〔史家〕(Sellunan the Loremaster)

 

《た》:タラマール〔剣客〕(Talamar the Sword Dancer)
《ち》:地界(World)
《て》:デアニルラ〔星織〕(Dernilla the Star Weaver)

 

《ら》:ラセリオン〔幹事〕(Rathelion, Master of Revels)
《り》:リルリアンドラ〔麗人〕(Lilliandra the Fair)