シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ラセリオン〔幹事〕

 エルフの古い歌によると、ラセリオンはぶどう酒を発明し、女神であるウォリアンドラから、音楽を学んだ。これらの理由により、かれは崇敬の対象とされている。最も敬愛されたシーからの贈り物は、非情な歴史によって形見となり、エルフたちは、現代においてもかれの死を悲しんでいる。

 

用語一覧

 

《う》:ウォリアンドラ(Volliandra)
《え》:エルフ(Elf)

 

《し》:シー(Sidhe)

 

《め》:女神(Goddess)

 

《ら》:ラセリオン〔幹事〕(Rathelion, Master of Revels)