シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

タラマール〔剣客〕

 タラマールは、ドラゴンに対峙しながらも生存できた、数少ないエルフの一人である。かれは、現代のエルフたちにも訓練される、ブレイドウィーバー術の開祖として崇敬されている。並ぶ者のいない剣士ことタラマールは、災禍戦役の途中で行方不明になった。多くの人びとは、かれが、魔神との戦いで死亡したと考えており、不安をいだいている。

 

用語一覧

 

《え》:エルフ(Elf)

 

《さ》:災禍戦役(War of the Scourge)

 

《た》:タラマール〔剣客〕(Talamar the Sword Dancer)
《と》:ドラゴン(Dragon)

 

《ふ》:ブレイドウィーバー術(Blade Weaving)

 

《ま》:魔神(Dark lords)