シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

獣主

 これら原初の神格については、ほとんど知られていないが、正統神と比べて、同等かそれ以上の力をもつといわれている。腕力と知力ならびに、感覚力と繁殖力などの諸力を表象する彼らは、アエアインスに顕現するとき、大きな動物の姿をとる。しかし、多くの呪術師と僧侶の考えによると、その形態は、生者が認識できる見せかけの姿にすぎない。
 他の神がみとは異なり、獣主たちはアエアインスと距離をとっているため、その歴史にほとんど影響を与えなかった。獣主たちはとてつもなく古く賢く、古代の知識と呪術の秘技を司っている。人びとのなかには動物神たちを崇拝して、奉仕の見返りに、力を受け取ろうとする者たちもいる。とりわけ、かつて全父への信仰を捨てた、エルフたちのあいだでは、獣主たちが広く崇拝されている。

 

アルルガスト〔胡狼神〕

猪の主

ヴァシュティーラ〔豹神〕

狼の主

グハルロン〔熊神〕

サエロッソール〔鷹神〕

ヨルドマンゴンディア〔蛇神〕

 

固有名詞一覧

 

《あ》:アエアインス(Aerynth)
《え》:エルフ(Elves)

 

《か》:神(Gods)

 

《し》:獣主(Beast Lords)
《せ》:正統神(True Gods)、全父(All-Father)

 

《と》:動物神(Animal Gods)