シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

マローン〔裁定者〕

 悲涙戦役のさなか、神聖教会から離籍して、カンブリュワンの味方についたクルセイダー。天変地異がおきたあと、正義の実現を目的に火教会を創設し、大王のかたきを討つための、聖なる軍事活動を始めた。彼は信頼にもとづいて、カンブリュワン王冠を保管している。それは、大王の正当な後継者が発見されたときに、譲渡される予定である。火教会はマローンを聖人とみなし、彼を崇敬している。

 

 浄火を点し保つ者、裁定者マローンは、火教会の創設者であるとともに、コンフェッサーたちの擁護者でもある。彼を中継することで、コンフェッサーたちは火の奇跡をおこし、不正と不浄の存在を罰して、影を退けられる。
 過去のマローンは、カンブリュワン勇士隊の一員であり、大王が裏切られ、殺害されたときに、その近くにいた。天変地異がおきたとき、マローンは、自分の剣に聖なる炎を呼びこみ、大王を暗殺した背信者を、すぐさま打ち倒した。大王を強く敬愛していたマローンは、王との記憶を振り返り、激しく号泣したという。そして彼は、王のかたきを討ち、地界を救うための宗教組織、火教会を設立したのである。

 

固有名詞一覧

 

《か》:カンブリュワン(Cambruin)、カンブリュワン王冠(Cambruin’s Crown)、カンブリュワン勇士隊(Shining Companions of King Cambruin)
《く》:クルセイダー(Crusaders)
《こ》:コンフェッサー(Confessors)

 

《し》:浄火(Flame)、浄火を点し保つ者(Kindler and Keeper of the Flame)、神聖教会(Holy Church)
《せ》:聖人(Saints)

 

《た》:大王(High King)
《ち》:地界(World)
《て》:天変地異(Turning)

 

《は》:背信者(Betrayer)
《ひ》:火教会(Temple of the Cleansing Flame)、悲涙戦役(War of Tears)

 

《ま》:マローン〔裁定者〕(Malorn the Just)

広告を非表示にする