シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

背信者

 嘆きの日に大王カンブリュワンを殺害し、天変地異をおこした、王の仲間である勇士。背信者は究極の剣、シャドウベインでカンブリュワンの心臓を貫き、聖オーク樹に打ちつけたといわれている。

 

 火教会の、コンフェサーとテンプラーの主張を紹介する。彼らによると、背信者がカンブリュワンを刺したあと、近くにいた裁定者マローンが、背信者を殺害した。しかしウェアウルフたちの証言によると、天変地異のおきた夜に、カンブリュワンのそばにいた仲間は、二人だけである。
 ウェアウルフたちは、最初に老人(白騎士ゲルリアンと思われる)が倒れるのを見た。もう一人の勇士、背信者は剣を拾った。背信者がもつ二つの目は、暗い刃と同じように、どんよりと赤く輝いていた。次に、背信者は主人の心臓を剣で貫き、聖樹に打ちつけ、地界に災害がおこった。聖なる王の血が大地に染みこんだように、逃げ出した背信者も、影の中に溶けていった。

 

 禍害刺突を放った背信者は、一人の交雑児ことアエルフボーンだったと、広く信じられている。彼は父親がわの種族から離れ、カンブリュワン勇士隊に加わった人物である。しかし、エルフの帝国が滅びるのは、見るに忍びなかったのかもしれない。ウェアウルフたちは、アエルフボーンたちに非難をもたらすこの噂を、マローンの火教会が広めた嘘だと考えている。

 

固有名詞一覧

 

《あ》:アエルフボーン(Aelfborn)
《う》:ウェアウルフ(Werewolves)
《え》:エルフ(Elves)

 

《か》:禍害刺突(Woeful Stroke)、カンブリュワン(Cambruin)、カンブリュワン勇士隊(Cambruin's Champions)
《け》:ゲルリアン〔白騎士〕(Gerriant the White)
《こ》:交雑児(Half Breed)、コンフェッサー(Confessors)

 

《し》:シャドウベイン(Shadowbane)
《せ》:聖オーク樹(Great Oak Tree)、聖樹(Great Tree)

 

《た》:大王(High King)
《ち》:地界(World)
《て》:テンプラー(Templars)、天変地異(Turning)

 

《な》:嘆きの日(Day of Woe)

 

《は》:背信者(Betrayer)
《ひ》:火教会(Temple of the Cleansing Flame)

 

《ま》:マローン〔裁定者〕(Malorn the Just)

 

《ゆ》:勇士(Champions)

広告を非表示にする