シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

サンプリーストの僧侶コルドン

 ヌアサ神が信仰を試す、過酷な太陽の土地に、よくぞ参られた。私の僧服を知っているだろうか。私はベルグの選抜僧侶こと、ベルグヌアサルのサンプリーストである。私たちの信仰が生まれた時期は、初めて、地界が混沌の侵略を受けたときよりも古い。
 周りを見渡しなさい。太陽ことヌアサ神によって、あなたが目を開き、虚偽を見破りますように。虚偽神たちへの信仰を捨てて、私と共に来なさい。

 

 周りを見渡しなさい。何が見える。全父はどこにいるのか。彼の妻と同胞神たち、さらに手下の神がみはどこにいるのか。彼らが見えないのは、私たちが捨てられたからだ。
 周りを見渡せば地界がある。風と水と土、そして聖なる火だ。それらを結合させ、力と共に燃え上がるのが、強力な曼荼羅である。それらは崇拝すべき真の力であり、命の根源でもあり、死をもたらすものでもある。
 太陽ことヌアサ神は、すべての火とすべての事物を支配する王である。遠い昔、ヌアサ神は原野でベルグさまに語りかけた。そしてヌアサ神は、ベルグさまと彼の率いる人びとを、秘境へ移住させ、その場所を発展させた。

 

 始まりのとき、ヒトは獣のように生きていて、エルフは鞭を振るい、彼らを酷使していた。そこから逃げ出した者たちは、平原で兵馬たちに助けられた。そして兵馬たちは、古い国と神がみのことで嘘をつき、ヒトを間違った道へ導いた。
 だが私たちは大地に帰属して、風と水の声を聞き、太陽を見上げた。ベルグさまは真理を獲得し、地界の基底をなす曼荼羅図像を見た。多くの人びとが私たちを棄教させようとし、あるいは妬みを抱いて、殺そうとしてきた。チャネラーたちは、私たちベルグとヌアサの信徒から秘技を学んだが、今もそれを否定している。

 

 ベルグさまは、聖職者を名乗る者たちに殺され、彼の信徒たちは、隠れ住むことを余儀なくされた。グェンダネン人は私たちを保護し、いつの日からか、彼らもヌアサ神のために歌い、儀式を行うようになった。とはいえ、偉大なベルグヌアサルのことは、忘れられてしまった。
 しかしそれは、天変地異がおきたときまでのことである。

 

 私たちの時代がやってきた。古い神がみはどこへ行ったのか。彼らはいなくなったのだ。あなたが供儀を行おうとしたとき、そこにはさまざまな神の祭壇がある。しかし、あなたは騙されている。ヌアサ神以外の神は、いなくなったのだから。
 彼は新しい預言者たちに語りかけ、私たちを忘れられた土地にある、古い避難場所まで導いた。そしてそこには、ベルグさまの古い祭具が放置してあった。すぐに、私たちは武力をもって立ち上がり、ヌアサ神の光が闇を消し去るだろう。妨害者たちの人数は多いが、彼らすべてが火によって滅びるのだ。

 

固有名詞一覧

 

《え》:エルフ(Elves)

 

《か》:風(Air
《き》:虚偽神(False Gods)
《く》:グウェンダネン人(Gwendannen)
《こ》:コルドン〔僧侶〕(Brother Korudon)、混沌(Chaos)

 

《さ》:サンプリースト(Sun Priests)
《せ》:全父(All-Father)

 

《た》:太陽(Sun)
《ち》:地界(World)、チャネラー(Channelers)
《つ》:土(Earth)
《て》:天変地異(Turning)
《と》:同胞神(Companions)

 

《ぬ》:ヌアサ(Nuatha)

 

《ひ》:火(Fire)、ヒト(Men)
《へ》:兵馬(Horse Lords)、ベルグヌアサル(Bellugh Nuathal)、ベルグの選抜僧侶(Chosen of Bellugh)

 

《ま》:曼荼羅(Mandala)、曼荼羅図像(Pattern)
《み》:水(Water)