シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

アエルフボ-ン

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160704021251j:plain

―混血児、狭間の子供たち―

 

 エルフとヒトの血を引く者たち、アエルフボーンは親となる両方の種族に恐れられ、疎まれている。アエルフボーンは感情の起伏が激しいことで知られており、彼らはしばしば血液の調和が乱れ、情緒不安定や錯乱状態に陥る。近年まで、ヒトとエルフの間に生まれた者たちは魂を宿す生物ではなく、怪物の類で、混沌を呼び込む器だと信じられていた。そのため、彼らは成長にともない、悪魔に乗り移られていくとも噂されていた。呪縛を取り除く方法は見つかっておらず、幼少時のアエルフボーンには呪力を込めた入れ墨が彫られるが、それは彼らの狂気を少しでも抑えるためのものである。
 天変地異が起きたあと、政情の混乱に乗じ、エルフとヒトの目につかない、未開の森に移住するアエルフボーンたちが出てきた。彼らは歴史上初めて独自の勢力を築いたと言われ、その規模と人数は前例を見ない。アエルフボーンはヒトとエルフの持つ覇権の歴史と名声を受け継げなかった。なぜなら、アエルフボーンの寿命はヒトと同じように短く、しかも彼らは子供を儲けられないからである。

 

[補足情報]
生態、様態、伝承

 

[身長]
男性:5フィート2インチから7フィート2インチ(約188センチメートルから約218センチメートル)
女性:5フィート10インチから6フィート10インチ(約178センチメートルから約208センチメートル)
[信仰]
多様

 

 [対応する素質]
ヒーラーファイターメイジローグ
[対応する生業]
アサシンウィザードウォーリアーウォーロッククルセイダーシーフスカウトセンチネルチャネラードゥームセイヤードルイドナイトストーカーネクロマンサーバードバーバリアンハントレスフューリープリーストプリレイトレンジャー

 

固有名詞一覧

 

《あ》:アエルフボーン(Aelfborn)、悪魔(Demons)
《え》:エルフ(Elves)

 

《こ》:混血児(Half Breeds)、混沌(Chaos)

 

《し》:呪縛(Curse)

 

《て》:天変地異(Turning)

 

《ひ》:ヒト(Men)