シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

アラコイックスの歴史(Aracoix: Their Lore)

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160704021255j:plain

 鳥爪戦役の終わりから六十年が経ったあと、アラコイックスたちは新しい活動を始めた。鳥鬼帝国の諜報員たちが、諸ルーン門を通り抜けて、密かに現れたのである。そのなかには、強力な突撃兵、スカイダンサーたちだけでなく、自他における心理の操作者、サヴァントたちもふくまれていた。影の中から現れた侵入者たちは、有翼者たちを編成して新しい諸軍団を作った。そして、最初となる諸クレーが、数十年でアエアインスの空を暗くした。
 少数ではあるが、アラコイックスの諜報員たちが捕らえられて、呪術結社により、強引な尋問がおこなわれた。こうして、諸ルーン門の謎がより多く解明され、トラヴェラーの技芸が発展したのである。

 

 鳥鬼帝国の目的は判明していないが、有翼者たちが何かを探していることはまちがいない。砂漠の奥地で、アラコイックスたちは、アルダン人による古代の城塞を発見した。その中には図書室があり、数千年ものあいだ誰にも読まれていない、呪術の資料が大量に存在していた。アラコイックスたちは、どのような知識を求めているのだろうか。
 盗掘者や冒険家たちは、巻物および石板の希少な両方を持ち帰った。それらは諸呪術および諸理論の両方において、地界の歴史に存在していなかった、画期的な発想を生んだ。
 アラコイックスたちは、鳥鬼帝国がじきにアエアインスを征服し、新しい栄光を得ると主張している。

 

 賢者たちの大半が、有翼者たちの新しい策略を懸念している。しかし、アエアインスは新しい闘争で炎上しているため、かれらの警告を聞くネイションは少ない。
 ドワーフたちによる努力の結果、鉱脈の眠る、古い諸鉱山の運営が再開された。国家の維持に必要な黄金が、未来の所有者たちを待っている。諸資源がもたらす財産を欲して、全土の権力者たちは、いくつもある鉱山の所有権を主張している。そして、諸鉱山の周りでは、襲撃と闘争が日常的に見られるようになった。
 鉱山をめぐる潮流は、アエアインスをどのように変えるのだろうか。どのネイションが、栄光および黄金を最も獲得するのだろうか。

 

用語一覧

 

《あ》:アエアインス(Aerynth)、アラコイックス(Aracoix)、アルダン人(Ardani)

 

《く》:クレー(Kh'ree)
《け》:賢者(Wise)
《こ》:鉱山(Mine)、鉱脈(Lode)

 

《さ》:サヴァント(Savant)
《し》:呪術結社(Conclave of Wizards)
《す》:スカイダンサー(Skydancer)

 

《ち》:地界(World)
《と》:トラヴェラー(Traveler)、鳥鬼帝国(Aracoix Empire)、鳥爪戦役(War of Talons)、ドワーフ(Dwarf)

 

《ね》:ネイション(Nation)

 

《ゆ》:有翼者(Birdman)

 

《る》:ルーン門(Runegate)