シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ケンタウロスの形質(Centaurs: Their People)

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160704021303j:plain

 ケンタウロスは、世界人類のあいだで、最も大きな体をもっている。かれらがもつ、胴体と頭および腕の三者は、ヒトのものに類似しており、下半身の形は馬と変わらない。ケンタウロスがもつ上半身の大きさは、平均のヒトと同じ程度である。しかし、かれらは馬の下半身をもっているため、ハーフジャイアントより低い、平均的なヒトのものよりも、身長は高い。
 ケンタウロスの下半身には、主に三つの種類がある。茶馬人は派手な金茶色、灰馬人は石灰岩のような灰色、黒馬人は夜のような黒。興味深いことに、ケンタウロスがもつ頭髪の色は、馬の下半身がもつ色とは異なる。髪の色は金と赤および茶と黒があり、ヒトと同じく多様である。ケンタウロスがもつ下半身の色は、平等に扱われる。茶馬人と灰馬人および黒馬人の三者に、地位の違いはない。しかし、髪の色と下半身の色が同じケンタウロスは、純血的とみなされる。そして、共同体のあいだで、権力および地位の、高い両者を得る傾向がある。

 

 ケンタウロスは、身だしなみと清潔さを重要視している。男性は髭を刈って丁寧に整え、男女とも髪を後ろで束ねる。ケンタウロスは刺青および耳輪を軽蔑しており、宝飾および装身具を身につけることはほとんどない。着飾ることは、肉体に生来の美しさがなく、自信をもっていない人びとの習慣だと、ケンタウロスは考える。しかし、蹄鉄だけは、服装における唯一の例外である。
 ケンタウロスの蹄は馬のものと同一であり、蹄鉄は蹄を保護し、蹴りの威力を増幅させる。蹄鉄の装着とその交換は、ケンタウロスにとって重要な儀式である。苦痛を表すことなく、この試練を乗り越えられたばあい、そのような兵馬には栄誉が与えられる。
 馬とは異なり、ケンタウロスは肉を食べられる。しかし、ヒトよりは肉を食べず、果物とパンおよび、濃厚かつ香辛料の利いた、シチューを好む傾向がある。ケンタウロスはオーツ麦があまり好きではなく、草を食べない。ケンタウロスの減量を嘲笑したばあい、まちがいなく怒りを買うだろう。

 

 ケンタウロスは特別に力が強く、かれらの丈夫さは、ドワーフたちのあいだで、最も頑丈な者たちに匹敵する。馬の部分が原因で、ケンタウロスは、ヒトよりも機敏さに少し欠けているが、戦いにおいては敵を圧倒できる。
 ケンタウロスの知性は高いとは思われていない。じっさいに、平均的なケンタウロスは、ドワーフやハーフジャイアントよりも賢いが、その程度にとどまる。しかし、霊力においては、ケンタウロスのものは、他の世界人類よりもはるかに優れている。ケンタウロスによる、ケーナリュン神と全父への献身は有名である。半人半馬たちは戦争の技術を難なく覚えるが、信仰における事柄のばあいも同じである。
 ケンタウロスは、馬と同程度に速く走れるうえに、戦闘では自分の蹄を武器にする。ウォーリアーたちは、ケンタウロスの蹴りを恐れるようになるため、鎧を着た兵馬たちの軍隊は無敵に近い。

 

用語一覧

 

《う》:ウォーリアー(Warrior)

 

《く》:黒馬人(Black)
《け》:ケーナリュン(Kenaryn)、ケンタウロス(Centaur)

 

《せ》:世界人類(World's Children)、全父(All-Father)

 

《ち》:茶馬人(Bay)
《と》:ドワーフ(Dwarf)

 

《は》:ハーフジャイアント(Half Giant)、灰馬人(Dapple)、半人半馬(Horse-man)
《ひ》:ヒト(Human)
《へ》:兵馬(Horselord)

 

《れ》:霊力(Spirit)