読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ドワーフ

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160704021309j:plain

―石人、鍛冶神の子供たち―

 

 石から生まれ、石人と呼ばれる者たち、ドワーフは地界における他の種族とは異なり、年を重ねることはなく、子供を儲けることもない。伝承によれば、最初のドワーフは出産により生まれたのではなく、全父と親密な同胞神、鍛冶神トゥーリンの手で形作られて誕生した。
 大地の石から生まれた者たち、ドワーフ父親の命令に従い、長い間地界の最深部で燃え続ける神火を守り続けてきた。古代のドワーフたちは、地上の住人に知られないまま地底に広大な居住地を掘り上げた。彼らはそこに街と要塞を建設し、採鉱と鍛冶の技術を習得してきた。
 天変地異が起きた後、謎の多いドワーフたちは地上に現れ始め、地界の住人たちは歴史上初めて彼らと接触することになった。ドワーフに女性は存在せず、彼らは子供を儲けない。死を迎えつつある老人の様な容姿は、彼らすべてが天地創造の頃に生まれた証なのかもしれない。一人のドワーフが永遠の眠りについたとき、地界に二度と増えることのない彼らは深く悲しむ。

 

[補足情報]

生態、様態、伝承

 
[身長]

4フィートから4フィート7インチ(約122センチメートルから約140センチメートル)
[信仰]

トゥーリン(鍛冶の神)

 

[対応する素質]
ヒーラーファイター
[対応する生業]
ウォーリアークルセイダーセンチネルプリーストプリレイト


固有名詞一覧

 

《し》:神火(Great Fires)
《せ》:石人(Born of Stone)、全父(All-Father)

 

《ち》:地界(World)
《て》:天地創造(Creation)、天変地異(Turning)
《と》:トゥーリン〔鍛冶神〕(Thurin the Strong)、同胞神(Companions)、ドワーフ(Dwarves)