シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

ミノタウロス 

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160704021354j:plain

―怪獣、北方の恐怖―

 

 呪術により生まれ、兵士として育てられた半獣の種族、ミノタウロスの怪力と凶暴性は他に並ぶものがいない。ミノタウロスの始祖は北方で作られ、長い間不滅帝国の突撃部隊を構成していたが、後に主人であるエルフの手から逃れ、独自の勢力を築いた。
 地界の子供たちに対し、憎悪の念を抱くミノタウロスは、エルフと北方人、さらには、平原のケンタウロスと激しい戦いを繰り広げた。その結果、かつて地界を震え上がらせたミノタウロスの人数は大きく減少し、天変地異が起きた後はヒトの領域でほとんど目撃されなくなった。人型というよりも、むしろ動物に類似し、牛の頭を持つミノタウロスの容姿はおぞましく、正視に耐えないが、戦闘における彼らの筋力と耐久力はさらに恐ろしい。

 

[補足情報]
生態、様態、伝承

 

[身長]
6フィート10インチから8フィート7インチ(約208センチメートルから約262センチメートル)
[信仰]
モーロック(破壊の神)

 

[対応する素質]
ヒーラーファイター
[対応する生業]
ウォーリアードゥームセイヤーバーバリアン

 

固有名詞一覧

 

《え》:エルフ(Elves)

 

《き》:怪獣(Beast Men)
《け》:ケンタウロス(Centaurs)

 

《ち》:地界(World)、地界の子供(World's children)
《て》:天変地異(Turning)

 

《ひ》:ヒト(Men)
《ふ》:不滅帝国(Deathless Empire)
《ほ》:北方(North)、北方人(Northmen)

 

《み》:ミノタウロス(Minotaurs)