シャドウベインの背景世界

MMORPG、Shadowbaneがもつ舞台設定の翻訳

ナイトストーカーの起源(Nightstalker Lore)

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160706191157j:plain

 五千年以上まえに、聖地アルダンでは暗影戦役が猛威をふるった。聖地の滅亡にくわえ、アエアインスの全土が、複数の要因により被害を受けたことで、暗影戦役の痕跡は失われた。暗い時代についての情報は、全父教会だけに保管されてきた、断片的な諸記録に残されていた。それらによれば、アルダン人と暗影軍団は、壮絶な戦いを現在までつづけていたのである。
 海上にオブリヴィオン島が出現して、冥后の手先たちが全土を攻撃し、事態は悪化した。しかし、闇を打ち破るために掲げられた焼印として、新しい希望が生まれた。ナイトストーカーたちが戻ってきたためである。

 

 ナイトストーカーではなかったストーカーたちは、悪漢アルノムスを奉じる、古代の修道会に所属していた。そして、かれらは、ティーターンたちによる訓練を受け、斥候および工作員として、アルダン国の軍隊に貢献していた。起きあがった死者たちの群は、ストーカーたちに新しい目的をもたらした。
 戦争が熾烈を極めたときに、ネクロマンシー術を考案した十三人衆は、最初のヴァンパイアたちを出現させた。かれらヴァンパイアたちは、虚無にとって最も強力な武器であった。ヴァンパイアこと闇夜霊は、群でアルダン国に夜襲をかけた。そして、聖地における諸軍隊は大打撃を受け、複数の大都市および諸要塞にさえも、恐怖が広められた。
 ある夜に、血を飲む者たちがカルハネ軍団を襲い、壊滅させたが、そこには、恐れを知らない一人の男が立っていた。そして、この夜を機に、形勢は覆されることになる。

 

 ストーカーたちの一人であるかれの名前は、コルシャクであった。かれは、波状の刃をともなう大剣では、ヴァンパイアたちの肉体を切り裂けないことに、気がついた。そして、短剣で十回ほど突き刺すほうが、有効な手段であることを発見した。コルシャクは、兵士である十数人の仲間たちを助けたうえで、凄惨な戦場から脱出した。
 コルシャクの生還とかれによる発見は、アルダン国のヒトたちに希望をもたらした。コルシャクは、ティーターンたちの一人である、無名人祖と長い相談をおこなったあとに、新しい武術を開発した。かれは、暗黒を打ち破るために、諸呪文および諸技術の、新しい両方を身につけたのである。数百人がコルシャクを手本としたことにより、新しい修道会とその成員たちである、ナイトストーカーたちが生まれた。

 

 コルシャクには、砂漠の辺境で任務に就いていたときがあった。そのころに、かれが、イレケイこと羅刹たちにおける、武装ダルヴィーシュたちを観察して、技芸を学んだともいわれている。祝福と聖なる訓示および訓練の、冥界の力を無効化する三者が、ナイトストーカーたちがもつ、速さおよび猛烈さの源である。それらは、ヴァンパイアたちの恐るべき諸力および、光から逃げる、精神をもたない死者たちの群れから、ナイトストーカーたちを防護する。
 ヴァンパイアたちの牙により、コルシャクは怪我を負った。しかし、かれは、宗教的な軍事運動に参加して、不死者たちを全滅させることに、生涯を捧げた。ナイトストーカーたちの名声は広く伝わり、かれらに発想をあたえたイレケイたちにさえ、影響をおよぼした。イレケイたちが、ナイトストーカーたちの諸技芸を取りいれて、イレケイ同士の血潮闘争にもちこむことにもなった。

 

 無名人祖の諸呪文により暗影戦役は終わったが、コルシャクは満足しなかった。コルシャクは、諸魂石および封印網の効果が、永続的ではない可能性を考えた。そして、いつの日か、虚無がふたたびアエアインスを害するかもしれないと、懸念したのである。
 十三人目のティーターンこと無名人祖は、強力な呪文を編んだ。かれは、コルシャクにくわえ、11人の最も優れたナイトストーカーたちを、呪術的な眠りにつかせたのである。こうして、かれらは世界から除かれて、呪術で作られた秘密の領域へ送られた。なぜなら、金庫室が存在しなかったうえに、本は一時的にしか預けられないためである。
 アルダン人たちによる門の封印が、虚無に突破されたときに備えて、ナイトストーカーたちは眠りつづけた。いつの日にか、ふたたび立ちあがり、コルシャクの軍事運動を再開するためである。

 

 オブリヴィオン島が現れたときに、コルシャクとかれの兄弟たちは目を覚ました。不死者たちの侵略が大規模であったため、ナイトストーカーたちは驚いた。そして、最高の武器は分け与えられた祝福ではなく、知識であると認識した。最初のナイトストーカーたちは散らばり、あらゆる土地へ旅をして、教師を務めることにした。各地で、新しいナイトストーカーたちに諸軍隊を組織させて、アエアインスから、暗い影を永遠に退けるためである。

 

用語一覧

 

《あ》:アエアインス(Aerynth)、アルダン[聖地](Realm of Ardan)、アルダン国(Ardan)、アルダン人(Ardani)、アルノムス[悪漢](Arnomus the Rogue)、暗影軍団(Unholy Legion)、暗影戦役(War of Shadows)、暗黒(Darkness)
《い》:イレケイ(Irekei)
《う》:ヴァンパイア(Vampire)
《お》:オブリヴィオン島(Isle of Oblivion

 

《か》:カルハネ軍団(Carhane Legion)
《き》:技芸(Art)、虚無(Oblivion
《こ》:コルシャク(Colshak)、魂石(Soulstone)

 

《し》:十三人衆(Thirteen)
《す》:ストーカー(Stalker)
《せ》:聖地(Blessed Realm)、全父教会(Holy Church)

 

《ち》:血潮闘争(Blood War)
《て》:ティーターン(Titan)

 

《な》:ナイトストーカー(Nightstalker)
《ね》:ネクロマンシー術(Necromancy)

 

《ひ》:光(Light)、ヒト(Man)
《ふ》:封印網(Web)、不死者(Undead)、武装ダルヴィーシュ(Blade Dervish)

 

《む》:無名人祖(Nameless Titan)

 

《め》:冥界(Void)、冥后(Lich-Queen

 

《や》:闇(Dark)、闇夜霊(Nightborn)

 

《ら》:羅刹(Devil Man)