シャドウベインの背景世界

MMORPG、Shadowbaneがもつ舞台設定の翻訳

ヴァンパイアの概要(Vampire Overview)

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160704021408j:plain

 暗黒を研究してきたネクロマンサーたちのなかには、同領域の住人たちと契約を結ぶだけでは、満足しない者たちがいる。そのような者たちは、アエアインスにおける諸神への信仰を放棄し、深淵に、自分のもつ肉体と魂の両者を委ねる。
 闇の儀式はネクロマンサーに死をもたらし、かれらの魂は、深淵が飢えを満たすために、吸いとられることになる。儀式を施行した者たちの心は残存し、生前の記憶は全部が除去されるが、悪知恵と憎悪に占められる。四肢には、筋力と活力の超自然的な両者がみなぎり、体は青白くなったうえで、硬くなる。このようにして、古い肉体は死に、冥界の幹部として選ばれた、ヴァンパイアが生まれるのである。
 ヴァンパイアは怪力に恵まれているうえに、強烈な物理攻撃に耐えられるほど丈夫な、死者の肉体をもっている。しかし、ヴァンパイアがもつ邪悪な力の行使には、大きな代価がともなう。闇の諸技能を使うとき、かれらは自分の生命力を消費するため、血液を補充しなければならず、飢えに苦しめられる。
 暗黒の具現化ともいえるヴァンパイアは、目と耳の深淵がもつ両者として、アエアインスの上を歩いている。そして、かれらは、深淵がすべての命を奪う、常闇をもたらすために、休むことなく働いているのである。

 

用語一覧

《あ》:アエアインス(Aerynth)、暗黒(Black)
《う》:ヴァンパイア(Vampire)

《か》:外界(Outside)、神(God)

《し》:深淵(Void)

《ち》:地界(World)
《と》:常闇(Final Darkness)

《ね》:ネクロマンサー(Necromancer)

《め》:冥界(Oblivion

《や》:闇(Dark)、闇夜霊(Nightborn)