シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

シャドウベイン伝説

 

 シャドウベイン、それは誰もが聞いたことのあるおぞましい名前。その剣はエルフの妖人帝国を滅ぼし、地界そのものを切り裂いた。この世にふたつとない最強の武器、シャドウベインは人々に希望をもたらし、明るい名前で呼ばれた。その一方で、この剣には製造のときから不吉なものが付きまとう。伝説は茨のつたのように黒い剣に絡みつき、血のように赤い花々で飾り立てている。

 

 至高の剣に名前が与られたとき、刀身には魂が宿り、持ち主の選んだ道に立ちはだかる運命を切り開いた。その剣はさまざまな持ち主の手にわたり、そのたびにさまざまなあだ名を付けられ、地界に変化をもたらした。名づけられた剣の扱い方には慎重になる必要がある。振り回すのは持ち主の方ではなく、剣が持ち主を振り回すのだから。
 シャドウベインがひとつの名前だけではなく複数の名前を持つことからも、剣の偉大さと恐ろしさがうかがえる。良い名前として光呼び、道標の刃、第二の太陽、王生み、暁の救い星、神の手、トゥーリンの剣、竜殺し、聖騎士の剣、ベレグントの褒章。悪い名前として王殺し、地界裂き、鍛冶の手奪い、復讐の剣、輝く根絶やし、持ち主背き、カンブリュワンの死因。

 
 刃はいくつもの時代に深く食い込み、運命を彫り上げた。地界の子供たちは誰でもシャドウベインが落とす暗い影の中に住むことを強いられていて、もがき苦しみながら刃の上で踊らされているのだ。現代の争闘時代においてもそれは同じである。

 

 シャドウベインの光は三つの時代で三度地界を照らした。そして剣は振るわれ、三つの大戦で三度戦局を覆した。かつてシャドウベインを手に入れた者は三人の人の子、二人のエルフ、一人の神だった。あなたが知るシャドウベインの伝承は結末の部分だけだろう。シャドウベインがキエラベンで大王を突き刺し、それが天変地異の原因になったことはよく知られている。

 
 しかし、あなたは大王カンブリュワンがシャドウベインを手に入れた経緯を知っているだろうか。なぜシャドウベインが作られ、持ち主に災いを招くようになったのか。これらの答えは、時間そのもののように長く残酷なシャドウベイン伝説の中にある。栄光と絶望の伝承に耳を傾けてくれ。地界にもたらされたすべての惨事について今から伝えよう。

 
アエアインスの時代区分

 

列王時代

―カエリク・ブラックハマーと大王カンブリュワン、さらに天変地異について―

 

昼日時代

―ベレグント・ブレイドシーカーと災禍戦役について―

 

白夜時代

―鍛冶神トゥーリンとドラゴン、さらにエルフの大背教について―

 

知られざる未来

―シャドウベインの行方と地界の運命について―

 

続きを読む