シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

シャドウベイン伝説(Legend of Shadowbane)

全記事一覧

更新履歴

 

 

 シャドウベイン。その名を知らない者はなく、恐れない者もいない。それはエルフの妖人帝国を滅ぼし、地界を切り裂いた剣である。この究極といえる武器は、〈影を滅ぼすもの〉と名づけられ、人びとの希望になった。その一方で、シャドウベインは、製作のときを発端に、災いを何度も引き寄せてきた。黒い剣に絡みつく、茨のつるがごとき伝説は、血のように赤い花を散りばめている。

 

 剣に名前を与えることは、魂を与えることと同義であり、名づけられたいくつもの剣が、持ち主たちの運命を彫りあげた。これらのような剣には、地界を変える力があるともいわれている。しかし、名前をもつ剣には警戒すべきである。なぜなら、それが究極の剣であったばあい、操るのは人ではなく、剣が人を操るからである。
 たいていは、一本の剣がもつ名前はひとつだけである。しかし、シャドウベインという剣は、たたえられると同時に恐れられ、おおくの名前をもった。良いほうの名前を挙げよう。光呼び、道標の刃、第二の太陽、王生み、暁の救い星、神の手、トゥーリンの剣、竜殺し、聖騎士の剣、ベレグントの褒章。悪いほうの名前は、王殺し、地界裂き、鍛冶の手奪い、復讐の剣、輝く根絶やし、持ち主背き、カンブリュワンの死因。
 シャドウベインは、剣じたいの運命を歴史に彫りあげた。地界の子供たち全員が、シャドウベインの落とした、暗い影の中で生きることを強いられた。現代の争闘時代でもがき苦しむわたしたちは、刀身の上で踊らされているといえる。

 

 シャドウベインの光は、三つの時代で三回にわたり、わたしたちの地界を照らした。シャドウベインが振るわれたときに、三つの大戦で三回にわたり、戦局がくつがえされたのである。三人の人の子と二人のエルフ、そして、一人の神が、過去においてシャドウベインを携えた。
 シャドウベインの物語について、あなたが知っている部分は、結末だけだろう。シャドウベインが、キエラヴェン砦の外れで大王を貫き、天変地異をひき起こしたことは有名である。しかし、カンブリュワン王がシャドウベインを入手した、経緯については聞いたことがあるだろうか。なぜ、シャドウベインが作られ、持ち主に災いをもたらすようになったのか、知りたくはないか。
 答えを示すために、時間そのもののように長く残酷な、シャドウベイン伝説を語ろう。栄光と絶望の、両方が出てくる伝承に耳を傾けてくれ。そうすれば、崩壊した地界の惨状について、はっきりと理解できるだろう。

 
アエアインスの時代区分

 

列王時代
〈偉大な騎士、カエリク・ブラックハマーの生涯。大王カンブリュワンの奮闘と最期。世界を崩壊させた天変地異。〉

 

昼中時代
〈悪魔たちの侵攻こと災禍戦役。復讐に生きた勇者、ベレグント・ブレイドシーカー。〉

 

白夜時代
〈無二の災難ことドラゴンの出現。究極の剣を作りあげた鍛冶神トゥーリン。諸神に背いたエルフたちの大背教。〉

 

知られざる未来
〈失われたシャドウベインの行方。世界に待ち受ける運命。〉

 

続きを読む