シャドウベインの背景世界

MMORPG、Shadowbaneがもつ舞台設定の翻訳

エルフの概要(Elf Overview)

f:id:AzuhikoDaidaiboshi:20160704021315j:plain

 エルフは過去の地界に君臨していたが、かれらの人口は激減し、滅びた帝国の後継者として、漂泊の生活を送っている。傲慢かつ退廃的であり、残酷でもあるエルフは、現在でも呪術に練達している。しかし、人の子をふたたび奴隷にして、奪われた栄光を取り戻すには、規律と組織が不足している。
 生き残った少数のエルフは、すべての人びとに不信感を抱かれ、王ではなく、追放人として扱われている。長老たちが繁栄させた地界は、残骸へ変わった。その上を歩くエルフは、自分たちの長寿を呪うようになり、廃墟を見ながら死を待ちわびている。
 エルフの各国家がもっていた面影は、かれらの諸民族がもつ、肌の色に表れている。白は最も古い諸家であり、寒い北国を治めていた。茶は、森の領主として生まれた者たちである。緑は、いくつもの海図を制作した、沿岸の諸家である。

 

用語一覧

《え》:エルフ(Elf)

《さ》:最古種族(Firstborn)

《ち》:地界(World)

《ほ》:北国(Northland)
《ひ》:人の子(Son of Men)

《り》:領主(Lord)