シャドウベインの背景世界

惜しくもサービスが停止されたオンラインRPG、Shadowbaneに関する世界設定の翻訳

正統神(The True Gods)

 正統神たちにおける本来の柱数は七である。諸神たちは、母なる地界の創造者であるだけでなく、かの女の子供たちにとっては、親でもある。創世のときには、三柱の神と四柱の女神が、正統神の称号を保持していた。一柱の女神が死亡し、一柱の神が逸脱したことは、歴史および伝説のなかで確かに記録されている。しかし、天変地異の発生によって、他の五柱における行方は不明になった。
 正統神たちの全員が滅びたのかもしれないため、世界人類は、悲運の残酷な気まぐれに対して自衛しなければならない。

 

ウォリアンドラ[夢幻神]
ケーナリュン[狩猟神]
サエドローン[運命神]
全父
トゥーリン[鍛冶神]
ブライアラ[地母神]
マローグ[戦争神]

 

用語一覧[概要]

 

《か》:神(God)

《せ》:正統神(True God)、世界人類(Children of the World)

 

《ち》:地界(World)
《て》:天変地異(Turning)

 

《ひ》:悲運(Fate

 

《め》:女神(Goddess)

 

用語一覧[項目]

 

《う》:ウォリアンドラ[夢幻神](Volliandra the Dream Singer)

 

《け》:ケーナリュン[狩猟神](Kenaryn the Hunter)

 

《さ》:サエドローン[運命神](Saedron the Fate Weaver)
《せ》:全父(All-Father)

 

《と》:トゥーリン[鍛冶神](Thurin the Shaper)

 

《ふ》:ブライアラ[地母神](Braialla the Green Mother)

 

《ま》:マローグ[戦争神](Malog the Warrior)